2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

サウンドノベル4「ハッピーエンド」運命の章

1 :辻っ子のお豆さん:01/12/13 13:07 ID:5WY9er/a
オリジナル長編ストーリー第三部の開始です。
あなたの選択によって”運命”は変化していきます。

サウンドノベル「娘切草」
http://choco.2ch.net/ainotane/kako/1001/10014/1001482983.html
サウンドノベル2「むすめたちの夜」
http://choco.2ch.net/ainotane/kako/1001/10019/1001989242.html
サウンドノベル3「街れす」
http://choco.2ch.net/test/read.cgi/ainotane/1003141616/
サウンドノベル4「ハッピーエンド」旅立ちの章
http://choco.2ch.net/test/read.cgi/ainotane/1004755292/
サウンドノベル4「ハッピーエンド」勇者の章
http://choco.2ch.net/test/read.cgi/ainotane/1006563009/

2 :辻っ子のお豆さん:01/12/13 13:07 ID:5WY9er/a
(プロローグ)
彼女との出会いで、平凡だった私の人生が大きく変わったんだ。
本当は臆病で怖がりで泣き虫のくせに、皆の前ではいつも強がって、
自分の身を犠牲にしてでも、誰かを助けようとする思い。
そんな彼女の覚悟に、私は少しずつ変えさせられていった。
私は彼女に勇気という名の決意を教わった。
だから、私は彼女を助ける。
たとえ世界中の全てがそれを認めようとしなくても、私は止まらない。
もう一度彼女に会うんだ。
もう一度彼女の笑顔を見るんだ。
だって、約束しただろ・・
一緒に8段アイス食べに行こうってさ。

3 :辻っ子のお豆さん:01/12/13 13:08 ID:5WY9er/a
【第三部 運命の章】
最初はただ、眩しかったんです・・・・。



誰よりも 純粋で 我儘で 自分らしく 生きる 彼女が。

4 :辻っ子のお豆さん:01/12/13 13:08 ID:5WY9er/a
「吉澤ひとみ」は幼い頃の記憶がなかった
いや、完全になかったわけではない。
しかし 全てが 曖昧なのだ・・・・。
私の世界中の誰よりの親友である辻希美。
彼女といつ出会い、どういう切っ掛けで仲良くなったのか「吉澤ひとみ」は知らない。
私が世界中の誰よりも愛している高橋愛。
彼女といつ出会い、どこに惹かれ、いつ好きになったのか「吉澤ひとみ」は知らない。
しかし「吉澤ひとみ」はそのことについて深く考えたことは一度もなかった、と思う。
悩んだことももちろんない。
ましてや、辻希美や、高橋愛に問い掛けたこともなかった。
なぜなら「吉澤ひとみ」にとって、そんなことはどうでもいいことだったからだ。

5 :辻っ子のお豆さん:01/12/13 13:09 ID:5WY9er/a
「吉澤ひとみ」は幸せだった。
平凡だけれど、毎日(そこ)には幸せがあったから。
そのことについて深く考えずにすんだ。
−しかし「吉澤ひとみ」は知っている。
自分は怖い、怖いんだ・・・。真実を知っている自分が怖いのだ。
「吉澤ひとみ」は両親との記憶も村で過ごした記憶もなかった。
ただ漠然と”楽しかった”という思い出の器はあった。
しかし具体的な中身は一切なかった。
しかし「吉澤ひとみ」はそのことについても両親や村人に問いただしたことは一切なかった。
問いただしてもきっと答えはわかっているから。
「吉澤ひとみ」という存在は空虚だった。
その事実こそが、「私」にとっての真の恐怖でした。

6 :辻っ子のお豆さん:01/12/13 13:09 ID:5WY9er/a
「皆殺しだ!この城の者全員皆殺しにしてやる!」
二人に不意打ちをくらい、弾き飛ばされた福田がゆっくりと起き上がった。
その顔は激しい憎悪の色に変わっていた。
不意打ちとはいえ、あの福田明日香をあの二人が弾き飛ばしたことに吉澤は心底驚いていた。
そして自分の恐怖、絶望が取り除かれたことにも・・。
さっきまでこの室内は間違いなく、絶望に包まれていた。
福田明日香の圧倒的なレベルの支配力によって。
しかし今はどうだろう?
その絶望を吹き飛ばすほど、ののやあいぼんの体から発せられる強い光のエネルギーを感じる。
それは居心地が良く、とてもとても暖かかった。
全てを包み込んでくれそうな優しさを感じた。
間違いない!
この二人は、どういった方法でかはわからないけれど・・・
あの時より確実に数十倍レベルアップしている。
私は確信した。
「これなら、・・・この二人ならば福田明日香にも勝てるかもしれない。」

7 :辻っ子のお豆さん:01/12/13 13:14 ID:hxgl+DN2
「のの。あいぼん。一体その力はどこで?」
私は立ち上がり様に早口で尋ねる。
「今はそんなこと話してる暇はねーのれす。」
「事情はあとや!マズは眼前のやる気マンマンの敵さんのあ相手が先やでぇ〜。」
福田明日香は間違いなく、あの不意打ちの一撃で力を半減していた。
福田本人も二人から発せられるパワーに気付いたのだろうか。
その全身から発せられる恐ろしい殺気とは裏腹に、全く動いてこない。
−こちらの出方をじっと見つめている?
「どうする?あの伝説の悪魔、暗黒竜が城内におるんやろ?」
「てーことは、こんなところでもたもたしてる暇はねーのれす。」
「うん、わかってる。」
わかってるんだけど・・・。
しかし吉澤はある一つの疑念を抱いた。
−おかしい・・・。
確実につんく王の命を奪う自信があったからこそ、福田は昨夜高らかに宣言をしたはずなのだ。
しかし、今のところその策は、だしていないんじゃないだろうか。
暗黒竜だが、あれは城内の混乱が目的であって、つんく王の暗殺には直接的には関係のないはずだ。
「何か、何か向こうにはまだ秘策があるはずなんだ。」

8 :辻っ子のお豆さん:01/12/13 13:15 ID:hxgl+DN2
            ・
            ・
            ・
            ・
一体、何分経っただろうか・・・。
福田明日香は一向に動かない。
ただその鋭い目つきで、こちらの出方を伺っている。
それだけに吉澤たちも迂闊には動けなかった。
「くっ・・」
嫌な汗が体中にまとわりつく。
まるで時が止まったかのように、辺りは静かだった。
本当に、本当に暗黒竜はこの城内にいるのだろうか?
信じられなかった。
それほど辺りは奇妙な静けさを保っていたのだ。
「よっすぃー・・・これじゃ、埒があかねーのれす。」
ののが囁やく。
しかし私の嫌な予感は拭えない。
そこで私は作戦を立てた。

1. 戦力にならない吉澤は、城内の様子を探りに行く。
2. 私が囮になって、その隙にののたちに攻撃してもらおう。
3. 禁じ手となっている、「あの魔法」で混乱を狙い城外におびき寄せよう。

9 :ねぇ、名乗って:01/12/13 13:18 ID:/GRG97mx
新スレおめ。
3で。

10 :ねぇ、名乗って:01/12/13 13:19 ID:LVmM5/vQ
第三部突入!
ここは3で

11 :ねぇ、名乗って:01/12/13 13:21 ID:r5hktxyD
\(^▽^)/<新スレおめでとうございまーす♪

2!

12 :ねぇ、名乗って:01/12/13 13:25 ID:3QolCfQF
なんか凄い。今までで一番びっくりした。面白くなってきたなあ。
1で!

13 :名無し募集中。。。:01/12/13 13:31 ID:N50FJoXP
新スレおめ\(^▽^)/
2で

14 :ねぇ、名乗って:01/12/13 13:37 ID:BpkSUROo
新スレ始まったんだからしばらくage進行でいこーよ。
1で

15 :ねぇ、名乗って:01/12/13 13:40 ID:gaLRhDO4
急激なレベルアップでよっすぃ〜を抜き去ったぶりんこ萌え。
1でとりあえずつんく王の様子を見に行く。

16 :名無し募集中。。。:01/12/13 13:46 ID:rEZ6EdDQ
1

17 :ねぇ、名乗って:01/12/13 16:01 ID:uRu460U3
な〜んだ偽者か。でも内容はなかなかヨカタYO!!
ただ、ややこしいことはやめて・・・

18 :ねぇ、名乗って:01/12/13 17:26 ID:DfB9xNTs
\(^▽^)/新スレおめー♪
よっすぃ〜しんじゃ嫌だから1で。

19 :ねぇ、名乗って:01/12/13 17:30 ID:DfB9xNTs
完全に騙された・・。
でも上手いですね。オリジナル期待します。

20 :ねぇ、名乗って:01/12/13 17:59 ID:7j9eRn/O
<<18
偽だYO!

21 :名無しんぐ:01/12/13 22:47 ID:/CpSDb2z
うまいですね〜
1で

22 :名無し募集中。。。:01/12/14 02:24 ID:07VyawHQ
偽豆さんにも続き書いてほしいので、3で

23 :ねぇ、名乗って:01/12/14 10:45 ID:bNBVF2Wl
なんか愛のある騙りだよね!

24 :名無し募集中。。。:01/12/14 16:35 ID:EDWXIEI8
せっかくだから続き書きなよ、3で

25 :名無しさん:01/12/14 16:40 ID:VxQTJSAx
続きを期待・・・
1で〜

26 :名無しさん:01/12/14 16:40 ID:VxQTJSAx
忘れ

27 :ねぇ、名乗って:01/12/14 16:44 ID:mpnezLVu
「選択肢だけで1000を目指すスレ」ってココですか(w
じゃあ1で。
しかもsage(w

28 :ねぇ、名乗って:01/12/14 16:45 ID:ZhgM1qBz
本家はじまったよ

29 :ねぇ、名乗って:01/12/14 17:06 ID:DOrCRczI


30 :ねぇ、名乗って:01/12/14 18:01 ID:xjN+RAdY
別にアンチではありませんが、私は本家の方が好きだな。
文章は偽豆さんのがキレイかもしれないけど、妙に重くてホノボノできない。
まぁ、愛は感じるけどね。
文体もそんなに似てるとは思わなかったな。

31 :ねぇ、名乗って:01/12/16 10:40 ID:7xmQdh4s
@ノハ@
( ‘д‘)<保全…してみる

32 : ◆Fuchu5X6 :01/12/16 22:50 ID:ra9ujQlq
>>偽豆さん
 せっかくスレ立てたんだから、続ききぼ〜ん
 面白いから頑張って書いておくれ〜

 とりあえず2かな

33 :ねぇ、名乗って:01/12/16 23:57 ID:KkIhx7gS
こっちはこっちで書いてみてほしいな。

9 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)