2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

戦車進化論 を まったりと語ろう!2台目

1 :バキャベッリ:02/08/26 01:28 ID:???
誰も立てないから立てちゃうよん♪

前々々スレ
http://kaba.2ch.net/test/read.cgi/army/1018579443/


前々スレ
http://choco.2ch.net/test/read.cgi/army/1021290481/

前スレ
http://choco.2ch.net/test/read.cgi/army/1027692213/-100

2 :名無し三等兵:02/08/26 01:29 ID:KQy6ApS5
2

3 :バキャベッリ:02/08/26 01:33 ID:???
関係スレ一覧

おいお前らこれからは装輪車だろ その2
http://choco.2ch.net/test/read.cgi/army/1030101475/l50

90式戦車
http://choco.2ch.net/test/read.cgi/army/1026570768/l50

お前ら!最も使えるAPCについて語って下さいませ
http://choco.2ch.net/test/read.cgi/army/1010948056/l50

隔離用

【季節モノ】風物詩・日本に戦車はいらない【隔離】
http://choco.2ch.net/test/read.cgi/army/1028192281/l50

某研に会いたい人は此方(藁

古代〜近代(19世紀)迄の戦術・兵器・軍装等 3
http://choco.2ch.net/test/read.cgi/army/1028175560/l50

4 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/08/26 01:39 ID:KPpHRnDE
まあ自走砲等から放たれる大出力レールガンの地表着弾時の衝撃波の問題が有る限り
レールガン砲弾を迎撃するのでも無ければ
高価な戦車は何れ無用の物と成ると見て良い訳だろうか
(高価な物はレールガンの衝撃波を避ける為に空中に移動だろうか)
多数のレーザーの一点集中に拠るセンサー破壊等も有り得るだろうし
迅速に地形が利用出来ないと厄介である場合も有る訳だろうか
(まあ宇宙からのレーザー・レールガン攻撃には地形も利用し難いだろうが)

5 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/08/26 01:44 ID:KPpHRnDE
まあ故に仮に大出力レールガンの砲弾を迎撃し得ても
レーザーでのセンサー破壊と言う問題は有る訳だろうか

6 :名無し三等兵:02/08/26 01:50 ID:???
スレ立て、御疲れです。直射火力支援の際、掩体壕といいますが、
どんなのを想定しているのか、調べています。とはいえ、開発要求で文書化された
ものなので、ヘイムダル社のノルマンディーの陣地をまとめた写真集などのほうが
いいかもしれませんが。

7 :名無し三等兵:02/08/26 09:10 ID:nvv069uA
スレ立てご苦労様です。

レールガン、性質上発射地点にも着弾地点と同様の負荷がかかると
思われますが。

8 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/08/26 13:25 ID:REguJesn
>レールガン、性質上発射地点にも着弾地点と同様の負荷がかかると
>思われますが。

まあ只通常砲より反動は少ないと思うが
どうだろうか(現実には映画の様に無反動では無い訳だろうが)

9 :揚陸太郎:02/08/26 14:13 ID:ykSTYB5t
輸送スレでの話(1)装甲車
自衛隊案
おおすみ積載。LCACにてAPC60台を30時間かけて揚陸
2ch案
民間自動車専用船積載。海中までポンツーンで斜面を作り
その斜面をぞろぞろ海中に降りた水陸両用96式改が
沖合から自力航行揚陸。 1隻600両積載可能で10時間で
揚陸完了。

96式改SPEC
ほとんどの部品は96式の流用。
自動車輸出船の積載能力は乗用車6000台 装甲車推定600台
変更点1)サスペンションを電動で収縮させて車高を一般乗用車
     なみ、170cmにおとして自動車専用船に収納可能にする機構
     自動車専用船フロア高180cm
   2)スクリュー装備と車内水密化


10 :揚陸太郎:02/08/26 14:28 ID:ykSTYB5t
輸送スレでの話(2)戦車
小型舟艇にキャタピラをつけた物をLCAC代わりに使用。
揚陸艦(揚陸艇母船)ドック内に積める揚陸艇の数は限られ
ているので、輸送方が戦車に望む条件はとにかく小さいこと。
また、戦車のエンジンパワーを舟艇のスクリューに
伝えるための延長ドライブシャフトさしこみ口がほしい。
普通の船舶クレーンの扱える重量は20t-25t

揚陸艇はサイズ的に商用コンテナ規格寸法の倍数。
自重は20−25t



11 :名無し三等兵:02/08/26 15:02 ID:???
連装砲塔の戦車はでないだろうな。



12 :名無し三等兵:02/08/26 17:51 ID:QeE2lQ63
>>8
LOSATのようにロケットで運動エネルギーを得るのではない以上、敵に
たたき込むのと同量のエネルギーを発射台にもたらすことになると
思われますが。まあ、駐退機等による時間遅延や電気エネルギーへの回生
などで緩和はできるでしょうが、破滅的なほどの着弾エネルギーを持つ
レールガン砲弾は発射台も破滅させそうな気がします。


13 :名無し三等兵:02/08/26 17:56 ID:iLAQNJIx
反動はエネルギーじゃなくて運動量だよん。
運動エネルギーは速度の二乗に比例するが、運動量は速度に比例する。
小質量超高速のレールガンだとどうなるか分からないが。


14 :名無し三等兵:02/08/26 17:59 ID:???
>96式改
調達価格を更に上げるだけな気が・・・
日本で本格的な水陸両用って必要かな?

15 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/08/26 18:15 ID:REguJesn
まあ大出力レールガンも駐退機やサスペンションの破損は
発射直前に地上に砲を固定する事で回避可能ではないのか
(まあ其の場合は砲身の強度さえ有れば何とか成るだろうが
 曲射は兎も角直射と成るとどうだろうか
 直射の場合は地面に杭でも打ち込んで砲身を固定しぶれるのを防ぐ必要も
 有るだろうか複数車両を連結して巨大な駐退機を使用するか
 単独の車両を用いて駐退機を大型化すると言う方向も有るだろうが)

16 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/08/26 18:21 ID:REguJesn
まあ当面は2000m程度から放ってFCSや歩行兵器が
回避不能な速度・威力のレールガンなら良い訳だろうが
(まあ秒速8000mであれば発射から着弾迄の時間は0.25秒程度しか無い訳だろうし電磁装甲でも用いねば直撃を回避するのも
 困難だろうか)


17 :名無し三等兵:02/08/26 18:36 ID:ykSTYB5t
>>11 25tの連装宝塔ってドイツ1号戦車?(てか装甲車だなありは)

たぶんこんなの
●小型・高生存性
+乗員3人とエンジンを縦置きにし、バイタルパートの前面面積を
 0.8mx0.8mに絞る。この0.8x0.8mは分厚い装甲版を用意する。
+乗員区を0.8mx0.8mx4.2mとし側面、上面は現行MBT標準の厚さの装甲で
 覆う。出来れば、エンジン本体まで覆う。
+それ以外のところは、構造材のパイプ枠組みに薄鋼板を張ったような薄さで
 極端な重点防御とする。
+つまり装甲表面積極小化のために、在来戦車のボデイ外周サイズの
 ジャングルジム状のパイプ骨組みの真中に、バイタルパートのみ
 分厚い装甲で覆った装甲箱をセットするイメージ。
 ターレットリングはパイプ骨組みに溶接し、サスペンション支持軸受け
 もパイプ骨組みに固定。
+装填は自動で弾倉無人砲塔。
 






18 :名無し三等兵:02/08/26 18:42 ID:ykSTYB5t
120mmor105mm低反動砲搭載。MBTなみの生存性と20−25tの軽量両立。

19 :名無し三等兵:02/08/26 19:59 ID:???
低反動砲を使うってことは、脅威暴露時間が増える分だけ装甲重量を増やさないと成り立たないということですね>18

20 :名無し三等兵:02/08/26 20:08 ID:???
>>17
あと索敵・照準まで自動で出来ないものですかね?
モニタを見て、あとはトリガ引くだけ。戦闘機みたいに


21 :バキャベッリ:02/08/26 21:38 ID:???
>17
要するに戦艦で言うところのシタデルですな?、少なくとも砲塔の無人化は
間近の様な気がしますね。

22 :名無し三等兵:02/08/26 21:56 ID:iLAQNJIx

舌出る?

23 :名無し三等兵:02/08/26 22:27 ID:???
h ttp://www.angelfire.com/art/enchanter/agm.html

歩兵支援用の突撃迫撃砲の想像図です。低反動砲でなくて、後送式迫撃砲にして
歩兵直協を目指しています。15tなので、短距離ならばヘリでも吊り下げられます。

したでる とは、citadel です。フィギュアのメーカー名でもありますが
城郭というのが原義で、装甲に囲まれた部分というくらいの意味合いではないでしょうか。

24 :名無し三等兵:02/08/26 22:50 ID:???
>>23
装甲された中に、さらに装甲された区画がある構造のことだと思われるが……

25 :名無し三等兵:02/08/26 22:51 ID:???
クルセイダー自走砲が中止になったのは、
じつは次世代型超長射程レールガン式自走砲が計画されているから

マアこれは冗談ですけどレールガンて戦車より前に自走砲とかに使われるのでは?

26 :名無し三等兵:02/08/26 22:58 ID:???
妄想ばっか語ってると388が罵倒しにくるぞ(藁>>25


27 :名無し三等兵:02/08/26 23:01 ID:???
>>25
http://choco.2ch.net/test/read.cgi/army/1027692213/961
及び全書き込みを読めば、それが如何に間抜けなことかが分かるかと。


28 :整備屋:02/08/26 23:02 ID:???
おお!又新たなスレッドが!

29 :名無し三等兵:02/08/26 23:12 ID:???
しかし388氏も300ミリの弾頭とかよく分からないこと言うしなあ……

30 :名無し三等兵:02/08/26 23:25 ID:???
ヘルファイヤでも既に200mm近いんだから、設計手法としては正しいのでは?>大口径化
>>29氏は小口径でもヘルファイヤやTOWに匹敵することのできる新理論を知っているかもしれませんが。(だったら凄いとしか言い様が無い)

31 :名無し三等兵:02/08/26 23:39 ID:???
。。。388よりひでー言い草だと思う>30

32 :名無し三等兵:02/08/26 23:47 ID:eI9py7kM
>>30
大口径に意味があるのは、HEATやSFFの場合。運動エネルギー弾では
貫通を目的とした場合、貫通体長/直径比がものをいい、破壊を目的と
した場合、質量と速度がものをいう。口径はどうでもいいでます。

33 :名無し三等兵:02/08/26 23:48 ID:eI9py7kM
補足。貫通体長自身も大きな意味があります。でも口径は

34 :名無し三等兵:02/08/26 23:50 ID:???
戦車相手に径300mmのミサイルが必要か?

35 :名無し三等兵:02/08/26 23:50 ID:???
388氏もHEATに限って話をしてなかったか?
叩くなら本人のいるときにやるべきだね>>32-33

36 :32-33:02/08/26 23:52 ID:eI9py7kM
んにゃ、388氏に反論してるのではなく、30に反論してるの

37 :32-33:02/08/26 23:54 ID:eI9py7kM
HEAT、SFFであれば40cm径のミサイルだって欲しいわさ。>>34
HEAT弾頭の直径増大の歴史を見るといいぞ。

38 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/08/27 00:08 ID:nBxkqutq
まあ2つでは無く3つ弾頭を搭載すれば
戦車の正面装甲を貫けると言う事は無いのだろうか
(まあ弾頭を3つ搭載した大型のHEAT砲弾や高速ミサイル(秒速2km程度迄で良いだろうか)で
 戦車の反撃前に撃破すると言う方向も有るだろうが)

39 :名無し三等兵:02/08/27 00:08 ID:???
<ATGM
弾頭重量と、推進剤重量とをよく考えて、存運動エネルギーを大きくすることという話が出ていましたね。
 推進剤で、ボロン系は比推力が低いという指摘が有りましたが
ここいらの火薬の話は、HEAT弾頭と絡んで面白いかもしれないです。

40 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/08/27 00:32 ID:nBxkqutq
まあ秒速1km程度でも反撃困難だろうし
其の程度の速度の高速誘導弾なら戦車を正面からでも
反撃前に殲滅可能だろうか
(まあ5000m先から低速ミサイルで確実にアウトレンジと言う方向も有るだろうが
 敵のミサイルも脅威と言う事だろうか)

41 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/08/27 00:46 ID:nBxkqutq
まあドロズドもマッハ2以上の目標には対応しておらぬ訳だし
秒速1km超なら直進してさえ迎撃は困難である訳だろうか
(まあ西側戦車ならマッハ2以上の目標も
 迎撃可能と成るのかも知れぬが)

42 :名無し三等兵:02/08/27 03:58 ID:???
<CNT妄想第三夜>

CNTの融点は約3500度(グラファイトと同等)であり、セラミック系材料にも勝るほどの耐熱性
を有する。従って現行の複合装甲よりも高い衝撃耐性を持つCNT装甲であれば、HEAT弾の
阻止は十分可能であると思われる。
但し衝撃耐性についてはCNTの組成そのものに起因する弱点が予想される。
CNTは炭素のみからなる単分子であり、ミクロレベルの振動モードがマクロレベルで伝播す
るため、特定周波数の衝撃波に対して脆くなる可能性が有る。
従ってHESHのような衝撃波浸透型の弾種に対して効力を担保するためには、装甲に成型す
る前の布の段階で織り方に等方的フラクタル構造をもたせるなど工夫し、マクロレベルで周
波数特異性を打ち消す事も必要であろう。

CNTは上記のように優秀な耐熱性を有するが、電磁波に対する吸収効率も非常に高いため
、曝露状態では光学兵器に対して弱点を晒すことになる。
CNTは銅より高い熱伝導性を持つため、直射を避ければ耐熱面の問題は無いが、塗装によ
る防護では高出力レーザーの照射により塗膜の蒸発が懸念される。
そのため、ある程度の厚さを持つ耐熱性の材料で被覆する必要がある。(被覆材にはレーダ
ー波に対するステルス性の低下を最小限にする為、セラミック系の採用が望まれる。)
被覆材自体もレーザーにより破壊される可能性は否定できないものの、10秒程度の猶予が
確保できれば、原理的に曲射が不可能なレーザー砲に対する反撃は容易であろう。

43 :名無し三等兵:02/08/27 07:11 ID:???
>>388
HEATには最適動作オフセットがあるという事を忘れてはならないと思われ。
3段串型を1つの主弾頭のオフセット内にどうやれば納まるのだろう?
1段目は直径5mmHEATかな?(笑)
某研にしては勇み足かも。

LOSATもそんなに早いとは思えないし。発射した瞬間、M5越えてるならともかく。

44 :名無し三等兵:02/08/27 07:13 ID:???
あ。ごめ。
>>388>>38の間違い。
投稿した後で恐ろしい間違いを起こした事に気がついた(w

45 :名無し三等兵:02/08/27 17:44 ID:???
SFFとHEATのタンデム弾頭は存在するんだろうか……

>>42
>CNTの融点
空気中では750度らしいぞ。
www.sumitomocorp.co.jp/news/20011219_112134_joho.htm
CNTはマジでとんでもない性能を持った素材だな。

46 :名無し三等兵:02/08/27 17:53 ID:???
それで388氏は呆れて去ったつうことすか

47 :名無し三等兵:02/08/27 18:30 ID:???
>>45
>空気中では750度らしいぞ。

それは発火温度であります。
無機系接着剤等の不燃性物質とのコンパウンド化により酸素を遮断し、CNTに耐火
性を付加することは容易と思われます。

48 :名無し三等兵:02/08/27 19:18 ID:???
>>47
うお。なんで空気中でそんなに融点が低くなるんだ気圧のせいかこれはとか思ってた。

49 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/08/27 19:19 ID:t7fq7cNP
http://www5.justnet.ne.jp/~weapon/era.htm
まあしかしERAを二重にしてタンデム弾頭を止める様な事は
困難な訳だろうか

50 :名無し三等兵:02/08/27 19:23 ID:???
二重にしたところで動作時間は同じ。

51 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/08/27 20:29 ID:t7fq7cNP
http://www5.justnet.ne.jp/~weapon/hesh.htm
しかし155mmのHESHでも使えば
ライナーも効果が無いと言う事は無いのだろうか
(まあHEATより炸薬量は多く出来る訳だろうが)
ERAやショト装甲のHESHに対する効果はどうなのだろうか

52 :名無し三等兵:02/08/27 20:42 ID:Wd3H4b3k
戦車のプラモは手間がかかり過ぎて容易ではない。

53 :名無し三等兵:02/08/27 21:43 ID:???
>>51
それも無理。っつか、前スレで否定済。

54 :名無し三等兵:02/08/27 23:55 ID:???
ttp://www.hotwired.co.jp/news/news/technology/story/20020826301.html
電気装甲は、重さはわずか1〜2トンだが、爆発反応装甲とほぼ同じレベルの防御力を提供する。
このため、電磁気による装甲や銃の研究開発に対し、米軍は次会計年度に7400万ドルを超える
予算を投じる計画だ。米軍はすでに2年間にわたり、1億1000万ドル以上を費やしてもいる。
 

55 :名無し三等兵:02/08/28 00:17 ID:???
こ、これからは某研の時代なのか――?!!

56 :名無し三等兵:02/08/28 00:36 ID:???
>>51
弾径300ミリのHESHならば戦車ごとき一撃で粉砕可能かと。

57 :名無し三等兵:02/08/28 00:39 ID:???
衝撃波の話だし。

58 :GIKONEKO SOFT:02/08/28 01:16 ID:pebH8bDT
で、プラットホームのスペックはどれぐらいなんだっけ?

装甲は前スレでなんか行っていましたが、足回りはどうなるのか?
現行のでもいいか、それとも何か新しいのを開発中とか(だいたいレール
ガンの反動に履帯はどんなのが有効なの?)
ついでに、電力はどれだけ必要なのかしりたいな

59 :名無し三等兵:02/08/28 03:42 ID:???
h ttp://www.rusarm.ru/products/army/sprut.htm

2s25について詳しいページです。
125mm低反動砲を搭載
車両重量が18グロスt 自動装填装置あり 乗員3名
このグロストンというのは、どのような単位か知らないのですが
25t以下なのでしょうか?装甲は正面12.7mm 全周7.62mmで、削っています。

浮航性があることと、空中投下が可能であることなども挙げられています。

60 :突撃迫撃砲で・・・:02/08/28 04:20 ID:NSVlgi0a
www.trebus.fsnet.co.uk/vir2/world/leb-sssm/qua-to9n.htm

61 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/08/28 07:35 ID:dNucGfWG
>電気装甲は、重さはわずか1〜2トンだが、爆発反応装甲とほぼ同じレベルの防御力を提供する。

まあこれを戦車の上面や側面に装備して
タンデム弾頭のミサイルを無効化出来ぬ訳なのだろうか
(まあ以後のミサイル攻撃はKEM以外無効と成る可能性も有る訳だろうが)

62 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/08/28 07:40 ID:dNucGfWG
大量のHESHをミサイルに搭載して打ち込めば
電力装甲も無効化可能と言う事は無い訳だろうか
(ヘルファイアと同等の弾頭重量を持つHESHなら正面装甲内部も破壊可能と言う事はないのか)


63 :名無し三等兵:02/08/28 09:32 ID:???
>某研究者たんゑ
そんな妄想語っていると388がやってくるですよ♪
参照先:http://users.hoops.ne.jp/sus304l/arm_var/reactive_etc.htm
    http://users.hoops.ne.jp/sus304l/shell_var/hesh.htm

64 :名無し三等兵:02/08/28 10:24 ID:???
60 は、グロ画像也。レバノンへのイスラエル侵攻の際の画像として紹介されています。
63さん 個人のページの直リンクは避けてくださいませ。

65 :名無し三等兵:02/08/28 10:35 ID:???
何故?
同じ事だろ?http://が付くか付かないかなんだから。

66 :名無し三等兵:02/08/28 11:14 ID:???
>>59
ネット・グロスのグロス?

67 :名無し三等兵:02/08/28 12:20 ID:???
>>65
サイト運営者の方には、2chから直リンクされるのを厭う方もいます。
些細なことがきっかけで、貴重な情報が公開されなくなるのは避けたいです。
 ですから、引用されるときは、直リンクではなく、自分の言葉で
纏め直して紹介されるようお願いしますです。

68 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/08/28 15:36 ID:SK08rK0Y
まあ矢張り電力装甲はHESHや榴弾には
無力と言う事だろうか

69 :名無し三等兵:02/08/28 19:46 ID:???
>>63
>>54

70 :名無し三等兵:02/08/28 20:35 ID:???
↑で?何を言いたいわけ?循環参照?(ワラ

71 :名無し三等兵:02/08/29 10:43 ID:???
Hetzerの欠点について チョコ戦車の解説でもでてますが、あの車内俯瞰図を見て、
戦車模型を手にとりながらみると面白いと思うので訳してみます。突撃迫撃砲とか
60式の後継といった話題がでておりますので、あながちスレ違いにもなりますまい。

既に良く知られているヘッツァーのデータを繰り返すつもりはない。生産中にされた
改善点と、乗員として車内レイアウトの欠点を指摘したいのである。私は、ヘッツァー
で訓練を受け、指揮を取ったことを述べておきたい、そのうえでここで述べられている
ことの数点については厳しい見方をしている。
 この車両にはいくつかの呼び方がある。もともとは、”軽突撃車両38(t)”、ついで、
”戦車駆逐車両38 7.5cm Pak39 L/38”、最後に”駆逐戦車 38 ヘッツァー”である。1944年初期の生産車両は、側面が平らな比較的狭いザウコップ防楯を付けていたので、砲を横に振ったときは、車内への破片の飛散をしっかりと防げなかった。これは
すぐに明らかとなり、1944年中頃には、改良された広い防楯が生産され、よく機能し、
戦争終結まで用いられた。

 生産中にサスペンションは簡素化され、転輪のボルト数は半分に削減、誘導輪の穴数は
12穴から6穴に、最後にはわずか4穴となった。当初のマフラーの水平配置はほぼ垂直へと
変更された。エンジン室上へ投げられた爆薬にいい引っ掛かりとなるためである。


72 :名無し三等兵:02/08/29 11:23 ID:???
個人的には、ヘッツァーはWW2中の先進的な戦車駆逐車両には数えられないと思う。
歩兵師団が頼りにせざるを得ない自走対戦車砲の改良型ではあったが、それだけのことである。
砲自体は優れているが、車両内の配置で大いに割り引かねばならない。主な欠点は、武装を中心
からずらして配置した故の乗員の車内配置と、数あるドイツ車両のうちでも最も狭い砲の旋回角
である。この種の車両は、目標を捕捉し、車両と砲とで照準を合わせるのに車長、砲手、操縦手
の大変緊密な協力に依存する。このチームワークはヘッツァーの場合、砲の旋回角が16度と現役
車両の中で最も狭いがゆえ、特に重要であった。チームを配置上、分けるのは災難であるが、
それが実行され、車長はエンジン室のせいで出来た空間に押し込められ、他の乗員からは体の前
にある砲で隔たれていた。車体のはるか後方に位置するため、車両の前方広くが視界外となった。
観測は大変困難であり、目前の砲から出る煙がさらに困難にした。

 また、指摘しておきたい事は、他の戦車駆逐車両と比較して、ペリスコープの視界が
大変に限定されていることである。このため、事態改善の手助けとはならなかった。砲の旋回角は
左に5度しかないため、砲手が左へ移動する目標を追尾できるようにする為に、操縦手は目標に対し
て角度をつけて車体を位置させることを強いられた。このため、ドイツの戦車駆逐車では最も薄い
20mmの側面装甲を暴露することとなった。右に砲を振ると、こちらへの旋回角は11度あるのだが、
装填手を砲の下及び向かいの右側面にある弾薬庫から遠ざけることになった。Pak39は右側から操作
されるよう設計されているのだが、装填手は砲の左側に座っており、右側の低位置に配置されたバー
の上からでなく、保護板の上から装填することを強いられた。砲尾環の右側に操作棒、安全釦、
排出解放装置といった制御装置は全て取り付けられており、操作するには砲手と砲尾の上に屈みこみ
まねばならなかった。

73 :名無し三等兵:02/08/29 12:14 ID:???
>>71-72
go back
http://choco.2ch.net/test/read.cgi/army/993396120/l50

74 :名無し三等兵:02/08/29 12:35 ID:???
>>73 確かに駆逐戦車スレはありますが、ここではMBTの任務の周辺にある車両と
して扱いたいのです。ティーガ−からヘッツァーへ乗り換えさせられたり、
ティーガ−とともにメーメルで戦闘した歴史があるのでスレ違いにはなりません
でしょう。

75 :名無し三等兵:02/08/30 00:39 ID:???
砲尾閉鎖器を初弾装填に開く、砲弾を砲から取り出す、言うまでも無いが
不発弾を取り出すなどは、軽業に近い技能が必要であった。天井から突き出ている
機関銃座の操作器に、装填動作は制限を受けた。遠隔操作機関銃という考えは大変良かったが、50発弾倉からドラム給弾されるため、頻繁に装填しなくてはならず、これは別問題
であった。ハッチは、機関銃を横に向けているときにのみ開閉する事が出来、装填手が
弾倉を装填する動作、さらには不発弾を排出する動作は、機関銃座の側面盾により
制限された。肯定的な見方をすれば、この盾は装填手に僅かながらも掩体を与えてくれた。ところで、左側の3名の乗員は、このハッチを通して脱出しなければならず、
この点では、車長は恵まれていた。

 (以下略)
h ttp://www.pzfahrer.net/armin.html
 引用元

 旋回角→方位射角へ訂正します。



76 :名無し三等兵:02/08/30 01:07 ID:???
突撃砲
 車体砲とし、方向射角は60度 このほか、車体上面に60mm迫撃砲を装備
 砲は自動装填装置つき 口径は未定
 車両間データリンクを搭載 乗員のうち1名をその操作に充てる
 全部で乗員は4名(操縦手、砲手、通信手、車長)
 弾薬コンテナは一括して取り外しが可能とし、装甲燃料弾薬補給車から
 後部ハッチを通して交換する
 乗員保養車(トイレ、ベッド、シャワー付)水タンクトレーラー牽引が
 小隊に付属

 車両間通信とUGV等を組み合わせて、車体と砲を脅威方向に向けることが
 できるとして全周砲塔を廃止。弾薬補給、乗員の疲労軽減のため、
 支援車両を充実 戦車乗員が戦車から出ずに戦闘を継続できることを目標と
 する。通信手は、大隊通信網や中隊通信網に小隊通信網などや、隣接部隊の
 通信網に適宜接続、情報を加工、車長の状況の把握と、周囲監視を介助
 また、砲兵の着弾観測や、MPMSの誘導なども行える。

77 :名無し三等兵:02/08/30 12:36 ID:R7s0oQql
行進間射撃ができないとゆー欠点はいかように。伏撃専門という考えも
あるでしょうが、そうそう待ってるところに来てくれるわけでなし。
遭遇戦というものもあり。

78 :名無し三等兵:02/08/30 16:17 ID:???
スェーデンは予算さえあればSタンク2を作りたかったそうな。

行進間射撃といっても、初弾撃った後側面向けたまま走り続ける訳ではなく
車体正面を敵に向ける事になるので砲塔と同じ速度で車体を旋回できる
Sタンクにハンデはない
との見解だったそうな。

>76は限定旋回砲仕様なんでまた違うコンセプトかもしれんが。

79 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/08/30 17:05 ID:w33hEdfD
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020828-00000505-yom-soci
まあこれはUGVや他の車両の地形対応能力強化(まあ市街地や岩場限定だろうか)に使えないだろうか
(或いは大型の車両を張り付ける程の吸着力は無いと言う事なのか)
スパイダーマンの様に人間が市街戦でこれを用いる事等は無理だろうか

80 :名無し三等兵:02/08/30 18:27 ID:???
>>77
行進間射撃 砲の安定装置があれば限定的に実現可能だと思います。
それにこれは、あくまで突撃砲なので戦車と同様に考えてはいけないです。
対戦車駆逐と歩兵支援に特化していると考えています。 

81 :名無し三等兵:02/08/30 20:09 ID:???
>78
昔は砲塔の旋回が遅くて車体ごと旋回するSタンクでも対抗できたろうけど、
現代じゃどう考えても無理だろう。

82 :名無し三等兵:02/08/30 20:19 ID:???
(●´ー`●)

83 :ごっぐ ◆Cs6PCFec :02/08/31 00:51 ID:???
>>81
走行間射撃に本当に対応可能かは知らんけど、Sタンクの360度旋回は4秒弱だとか。
現代の普通の戦車の砲塔旋回よりも早いそうだぞ。



84 :名無し三等兵:02/08/31 01:19 ID:???
>>83

360度旋回する事に何の意味が有るのか良く分からないけど、第3世代戦車で超信地旋回
しながら砲塔も旋回させたら砲身自体の360度旋回は間違いなく3秒未満で完了するよ。

85 :名無し三等兵:02/08/31 16:16 ID:???
>>84
でもそれじゃ命中率は損なわれそうやね。

ただSタンクも、足場の不安定な場所での照準には不安が有りそうだ。

86 :名無し三等兵:02/08/31 17:26 ID:???
>>85

確かに90式でも>>84みたいな急旋回したら命中率下がりそうだけど、砲身がリジッドマウント
されてるSタンクじゃ旋回中/旋回直後の射撃そのものが不可能だよ。

87 :名無し三等兵:02/08/31 22:08 ID:???
しょうがねえ、素直に自衛隊新型戦車を推しておくか……age

88 :ごっぐ ◆Cs6PCFec :02/09/01 00:03 ID:???
>>84
ああ、Sタンクの旋回動作が遅いという誤解がありそうだったんで書いただけだ。
程度によりけりだが旋回中や直後でも射撃はできるだろ。
そうじゃないと動目標が狙えない。

もっともそういう話ならどう考えても砲塔式のほうが有利に決まってるから、新型の
Sタンクがあり得るとするなら、
『砲塔式戦車の砲安定装置に匹敵する機能をもつアクティブサスペンション』
を実現しないといかんと思う。走ってても頭が揺れないチーターみたいな。
スウェーデンは予算があればそれをやるつもりだったのかな。

89 :名無し三等兵:02/09/01 01:57 ID:???
横軸安定しないじゃんw

90 : ◆2chboyPc :02/09/01 02:38 ID:???
tes

91 :名無し三等兵:02/09/01 21:03 ID:???
北朝鮮はすでに軍事パレードの燃料もないほど弱体化してるので見切りをつけて、
今度はロシアを地獄のチェチェン紛争から救う戦車でも考えるとするか。

92 :名無し三等兵:02/09/01 21:14 ID:8aMbrG88
>>88
確かスウェーデンの計画していたSタンクの後継は、メルカバの様にフロントエンジンで
旋回砲塔を持った奴だったんじゃなかったっけ?
コスト計算したらとても採用できかねる値段で、輸入にしたんだと思ったが。

93 :ごっぐ ◆Cs6PCFec :02/09/03 02:18 ID:???
>>92
そうなのか。情報ありがとう。

って旋回砲塔があるなんてSタンクじゃないやい・・・。
そりゃ普通の戦車を一から作るんじゃ90式同等以上の値段になるわな。
レオ2スペシャルが容易に購入できるんならそっちにするだろ。

94 :名無し三等兵:02/09/03 10:06 ID:???
電磁装甲は、主砲と兼用に出来ないでしょうか?
弾体の加速は、直線回路でなく、電磁装甲と兼用の環状回路で行い
一気に大電力を使わず、ちびちびと加速させてまわしておき、敵を見つけたら
発射するというのはだめかなということを伺いたいです。

ストーバとかパゴダが車体の上に乗っかっている戦車ができそうですが。


95 :名無し三等兵:02/09/04 20:02 ID:???
前に、貫徹力向上のために
弾を高速化するのは効率が悪いって話が出てたけど、
車両搭載することを考えたら高速化路線のほうが良いかもしれない。
サイズが・・

96 :名無し三等兵:02/09/04 20:32 ID:FmDZFvcr
潰すナナヨンを駆逐洗車に改造age

97 :名無し三等兵:02/09/04 22:54 ID:???
高初速によってえられる利点の方が思いつき易いなぁ
初速高い>高角減>風等の影響小>当たり易い>射程延長!ウマー!!
105mmと120mmのAPFSDSの射撃諸元で大きく違うのは?

話変って、ロスケみたいに低姿勢を追求するのも個人的には疑わしいと考えてる
実際に、#4中東戦争T-62vsM60では運用の差違もあろうが
俯角の少ないT-62はより大きく稜線等から乗り出さねばならず
結果として被撃破率となって現れたらしいね

98 :名無し三等兵:02/09/04 23:50 ID:???
>>97
過去のレールガン関係の話を参照してくらはい。
もうその手の話は語り尽くされたyo!吐き気がするくらいに>軽量超高速弾

99 :名無し三等兵:02/09/05 00:45 ID:???
戦車の乗員を1名にすれば、人件費が浮くぞ。

100 :名無し三等兵:02/09/05 02:32 ID:???
>>98
>吐き気がするくらいに>軽量超高速弾

ではその反対に大質量超低速弾ではどうか?
例えば、重装甲衝角戦闘車両とか。

101 :名無し三等兵:02/09/05 23:42 ID:???
 大質量高速弾ならLOSATが有る、衝角に付いては狂ってるとしか思えない。
相手より重くて丈夫でなければ意味が無いが、戦車より重くて丈夫な戦闘車両を
高速で運用出来るか?。出来たとしても、普通に戦車砲を載せて重戦車として使う
方が良いと思うが。

102 :名無し三等兵:02/09/05 23:46 ID:???
>>101
ジョウクがわからんやつだなあ

103 :揚陸太郎:02/09/06 10:12 ID:???
輸送艦スレからのフィードバック。

揚陸艇とかの揚陸手段は航洋性なし。しかもこれが意外と隻数必要。
揚陸艇を運ぶための輸送艦をイチイチ作ってたらコストがかかる。
それじゃ、揚陸艇を民間高速コンテナ船に積めるよう作っちゃえ
というわけで、揚陸艇のサイズは40フィートコンテナ2.4x2.4x12m
の倍数になりやす。また、揚陸艇の自重は民間船舶クレーンの
吊り上げ能力25tに制限されます。
そういうわけで、島国日本の新戦車は
40t台 5.0x2.3x9m以下 車体高1.8m前後で設計してくんなまし。
それで7.2x2.4x12mの揚陸艇に載りますんで。

104 :名無し三等兵:02/09/06 20:34 ID:???
>103
いらない、ということでここではその話は以後やめましょうや

簡単で明快な理由をあげるとすれば、
戦闘するのが目的の戦車に輸送を一番に考慮したようなもんは
ろくに使い物になりそうにないから

そんなに島へ対機甲火力を持っていきたければ
ATMで我慢しましょう。


105 :95:02/09/07 02:52 ID:???
これはちょっと冗談が入ってる数字だけど、
次世代車には140mm砲より120mm/L100みたいな砲のほうがいい気がする



106 :名無し三等兵:02/09/07 11:04 ID:???
これからの戦車はこうなります。
http://ime.nu/ime.nu/www.plustech.fi/images/videot/PlusjDown4_6.mpg

107 :名無し三等兵:02/09/08 01:47 ID:???
>>106
萌える・・・けど遅いのが痛いな。

108 :名無し三等兵:02/09/08 23:12 ID:???
>>105
俺は射程10〜20キロの、携帯ミサイルの射程延長タイプを
数十発搭載したタイプに萌える……

109 :名無し三等兵:02/09/10 19:37 ID:???
911記念age

110 :名無し三等兵:02/09/10 21:48 ID:???
即応弾数はいくらくらい必要かによっては、大口径砲にも可能性はあるかも
しれません。自動装填装置があれば、砲弾の重量とサイズは気にしなくてすみます。
あとは、UGVで車体周囲にセンサーを張り巡らして不意の遭遇戦さえなくせば
砲塔もいらず203mm対戦車砲や460mm対戦車砲なども出現させる事ができます。
榴弾も備えれば、都市環境での戦闘では、爆弾を直射で打ち込んでいると同じなので
絶大な効果を発揮できます。

111 :名無し三等兵:02/09/10 22:00 ID:???
ソ連が崩壊しなければもっと進化した戦車が見れただろうに……


112 :名無し三等兵:02/09/10 23:08 ID:F7BzvTTo
Defence Newsにイングランドで電磁装甲のテストをしたとゆー話が
載ってました。電気装甲かな。どうも表面装甲板を複数化して、そこに
ヤバい、と思った時に数千ボルトの電位をかけて、HEATやRPG弾頭(変わらんと
思うが)の効力を削ぐ仕掛けのようです。

米からも見学者が来て、何発か撃ち込まれた後、よれよれと車両は去っていった
とのことです。おそらく、電場中の伝導体の運動はよれるとゆー法則(フックだっけ)
の単純な力業の応用のようです。それでも数トンの重量増加で10数トンの装甲増に
相当する(事実なのか、その予定なのか不明)と謳っておりました。ただし、
実用化は10〜15年はかかるとか、ERAの方が簡単で効果的かもとかゆー話もあって
全然革命的な話ではありません。そう言えば、2ヶ月ぐらい前のJane's DWに
二号続けてロシア科学者の重力制御兵器の話が載っていたが・・・ 英国らしい
皮肉混じりの記事でありました。

113 :名無し三等兵:02/09/10 23:10 ID:F7BzvTTo
>>110
そこまでやったら、弾はGPS誘導ロケットで十分、発射プラットホームは
ハンビーか、それともそこらに放置プレイの簡易発射ボックスで十分とか

114 :名無し三等兵:02/09/11 00:11 ID:???
>>113
 ハマー搭載ではLOSATと同様ですが、これはあくまで砲弾を発射します。
また、何にせよ、装甲はついていないと前線で運用するのに困難が伴うと
思います。
 例えば、絶好の射点があるが、敵からもその位置に陣地を作るのは明らかで
ある場合、ハマーでは榴弾で制圧されてしまいますが、戦車であれば
小移動を繰り返しつつも直接火力を敵に指向し続ける事が出来ます。
 それに都市環境では、路傍の建物を対機動阻害とみなして破壊することが
行われますが、イスラエルのD9トラクターで1軒の建物を破壊するのに
30分かかるところを工兵の破砕臼砲抜きでたちどころに潰してしまえるのは
大きいと思います。

115 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/09/11 06:40 ID:BGcZh8C4
>電気装甲かな。どうも表面装甲板を複数化して、そこに
>ヤバい、と思った時に数千ボルトの電位をかけて、HEATやRPG弾頭(変わらんと
>思うが)の効力を削ぐ仕掛けのようです。

まあAPFSDSも溶かせる様な記述を見た事も有るが
KEMやレールガン砲弾迄を車体にダメージが行かぬレベル迄溶かせる訳なのだろうか
(レールガン等直撃せず共至近弾の衝撃波でアウトではないのか)

116 :名無し三等兵:02/09/11 12:49 ID:3/ei14Lk
どのみち半流体化してるわけなんで、それを溶かしても運動エネルギーと
ベクトルが残ってればあまり意味なさそう。

>>114
そうですね、最低限の装甲(少なくとも対榴弾片)は必要でしょうね。



117 :パヴロフ軍曹:02/09/11 19:55 ID:???
貫徹理論についてのちょっとした疑問。
もし仮に、
「凍結した水銀でできていて、飛翔中に融解する液体金属弾体」が命中したらどういう風に貫徹されるの?

118 :名無し三等兵:02/09/11 21:27 ID:???
 いや流体化してるのでは無くて流体の様に振る舞うだけでしょう?、最初から
柔らかいなら粘着榴弾と対して変わらないか、それ以下の効果しか期待出来無いと
思うよ。



119 :パヴロフ軍曹:02/09/11 21:33 ID:???
>>118
流体のように振舞うって話は分かってるんだけど・・
水銀弾が超高速だったら、HEAT弾に近くなりそうだが・・?
ウォータージェットならぬ水銀ジェット

120 :名無し三等兵:02/09/11 21:39 ID:???
>>117
衝突速度は?

121 :名無し三等兵:02/09/11 21:42 ID:???
>>120
そんな限定しなくとも場合ごとに書けば?

122 :名無し三等兵:02/09/11 22:07 ID:???
歩兵の近接攻撃を防ぐ為の防御としては使い出があるかもしれませんね。
キャニスター弾の代わりに水銀を射出するとか。

HEAT弾は火薬を使って貫徹できる高速を得ているので初めから液体を
遠くまで高速のまま飛ばすのは無理なのではと思います。

123 :名無し三等兵:02/09/11 22:12 ID:???
>>121
お前が語れよ(笑)

124 :名無し三等兵:02/09/11 23:28 ID:???
 雨だれと同じで速度が上がれば上がる程潰れて空気抵抗を増していくので、
超高速で射出する事は出来ません。ウォータージェットの様に連続して出す
為には膨大な量の水銀を、数万気圧で圧縮する必要があり実用的では有りません。

125 :パヴロフ軍曹:02/09/12 00:58 ID:???
>>122
>>124
飛翔中の飛散という問題を無視するために「凍結した」を入れた。
あと、実用性とかは全く考えていない。
ただ単に理屈だけの話。

126 :名無し三等兵:02/09/12 06:55 ID:???
女将!388を呼べぃっ

127 :名無し三等兵:02/09/12 08:37 ID:RZYzPRq/
>>125
着弾点で発生する衝撃波が、固体弾体であれば後端まで達して発散、あるいは
反射するわけですが、流体弾体だと弾体を損なう(飛散させる、など)んじゃ
ないかと妄想します。

128 :名無し三等兵:02/09/12 08:39 ID:RZYzPRq/
HEATでも同じ事になりそうなもんだけど、こっちは場所によって
速度が違うのが幸いするとか??

129 :名無し三等兵:02/09/12 10:45 ID:???
HEATは弾が貫徹する訳じゃ・・・

130 :名無し三等兵:02/09/12 15:25 ID:pinwa/Qk
イヤ、しないと困るんだが・・・

131 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/09/12 15:48 ID:XFJlxSIC
まあしかし劣化ウラン弾が乗員室を貫いた場合
弾薬の誘爆が無く共砲弾が直撃しなかった乗員を
死亡させる程の燃焼効果は有る訳なのだろうか

132 :名無し三等兵:02/09/12 19:24 ID:???
だから凍結してるなら固体だし、してないなら水鉄砲だろ?。着弾の瞬間だけ
都合良く溶けていると考えるなら、単にマクマホン・スペシャル見たく、弾体の
内部に水銀を大量に詰めた炸裂弾を作れば良い。その場合、結果としてはヤハリ、
>118見たいに張り付いて、運動エネルギーの大半を敵戦車の装甲「表面」に伝えた
後、飛散して終わりだと思う。そもそも通常の弾はおろか、鉄鋼弾でも現用戦車の
複合装甲には無力だからこそのAPFSDSだろう?。

133 :パヴロフ軍曹:02/09/12 19:52 ID:???
だ か ら、実用性とは関係ないっての。
理屈だけの話

134 :名無し三等兵:02/09/12 20:10 ID:???

超高速に加速するならHEATのライナーに水銀を使うとか……


135 :たろ:02/09/12 20:32 ID:dEQM5tZM
>>104

>>103 いらない、ということでここではその話は以後やめましょうや
簡単で明快な理由をあげるとすれば、
戦闘するのが目的の戦車に輸送を一番に考慮したようなもんは
ろくに使い物になりそうにないから
--------------------------------------------------------
オイオイ 自衛隊の60式は鉄道輸送を顧慮して幅が決められたし、
40t戦車も90が輸送に問題ありすぎだから出てきたコンセプトだろ。

しかも仮想敵がロシアから中国、北朝鮮になれば、石垣島・沖縄・対馬が前線だろ
北海道みたいに本土からトンネル通ってるわけじゃなし、輸送的には
よりシビアな状況になったんだから戦車設計方も少し考えてくれよ。

んでもってまたフィードバック
LCACとかの揚陸艇の数が限られてるから、何往復もして運ぶはめになりそう。
そうすっと逐次戦闘加入になって各個撃破される。
なので、戦車も水陸両用アタッチメントをつけ一気に揚陸したほうがいい。
というわけで、対馬、石垣島、沖縄防衛をする必要のある日本戦車は
水陸両用アタッチメント装着を最初から顧慮して設計してくれ。
具体的には
1)ミッション
重量制約上、水上航行用のエンジンを別にアタッチメント側に持つ
わけにいかないので、ミッションを省き、発電機とモーターで駆動する
デイーゼルエレクトリック駆動を採用してくれ。
アタッチメント側はモーターだけ積んででスクリューを駆動する。
2)水密構造
上面も含め密閉してほしい。上面外板にバケツ状のへこみを設け
水密外板外のへこみにラジエター&ファンを設置してほしい。
その他 車体ぜんめんぬた5mの潜水に耐えられる防水設計にしてくれ。

136 :名無し三等兵:02/09/12 20:46 ID:???

ぬた5メートルの中で動ける戦車がありえるのかと小一時間388氏調で問いつめたい


137 :名無し三等兵:02/09/12 20:49 ID:QNbkGT9W
61式TKだよ。

138 :名無し三等兵:02/09/12 20:59 ID:???
>>133
先に自分で調べれば?
388氏が大量の考察するに足る投稿を残しているけど?

139 :たろ:02/09/12 21:43 ID:dEQM5tZM
>>136
ぬたは間違い。ごめん!


140 :名無し三等兵:02/09/13 12:23 ID:LRP4+vdY
今のところ、戦車も輸送性を考慮したものが多く提唱されているけれど、実戦を繰り返すと、やっぱり防御力の重要性は再認識されるんだろうねーと言ってみる実はage

141 :パヴロフ軍曹:02/09/13 22:26 ID:???
水銀弾の命中・・・

低速だと・・・
ただ飛び散るばかりか?
まあ圧力で鉄板を凹ませるくらいはできるかもしれない

水銀の衝撃伝播速度より弾速が高速になってくると・・?
ウォータージェットのように侵徹しはじめる?
弾体消耗は早い・・・
どんな場合でも弾体が弾速通りで消耗されそうなので
L/D比は大きければ大きいほど良くなる?

しつこいようだが実用性はカンケイナシ

142 :名無し三等兵:02/09/13 22:42 ID:sMmi4eR9
んにゃ、だから衝突面で発生して弾体後方に伝播する衝撃波が
流体弾体の一体性を損なって、弾体の長さを失う結果になるのでは
ないかとゆーとるわけです

143 :名無し三等兵:02/09/13 22:43 ID:sMmi4eR9
固体弾体であれば、後端から反射するだけですむのではないかと
思ったりして。知らんけどね。

144 :名無し三等兵:02/09/13 23:03 ID:???
>>142
衝撃伝播より弾速のほうが速いって書いてあるけど

145 :名無し三等兵:02/09/14 08:58 ID:Zs2y/sE+
5000m/secとかでしょ? > 弾体内の衝撃波伝播速度

弾速は1500m/sec以下でしょ。

ttp://users.hoops.ne.jp/sus304l/shell_var/shell_data.htm#table.2

146 :名無し三等兵:02/09/14 09:00 ID:???
>>145
ちゃんと>>141読め

147 :名無し三等兵:02/09/14 09:02 ID:Zs2y/sE+
あ、レールガン並みの速度とかでっか。なら装甲、弾体ともに
流体と見なしていい速度だろうから、水銀でもタングステンでも
同じ事でわ。


148 : :02/09/14 09:32 ID:???
なぜか未来型戦車の主兵装はレールガンに思えてきてしまうのだが(笑

149 :名無し三等兵:02/09/14 11:46 ID:???
着速が変われば衝撃波速度も変化するんですけど?

Us=Co+s・Up

Us:衝撃波速度
Up:粒子速度
Co:衝撃波初期値
s:定数

バルク音速以上の着速という表現ならありうるけど、衝撃波速度以上の弾速という
のはありえないのですわ。146とか141が新しい物理法則を開発した(笑)のならとも
かく(苦笑)

150 :名無し三等兵:02/09/14 12:53 ID:YO9ZfrN3
レールガンの問題として、小質量高速射出は可能かも知れないが、大質量
となると、可能性としてすらつらい(現状では小質量ですらキャパシター等の
問題で無理)という話がありましたよね。

で小質量弾体は貫通力がいくら強くても、貫通中に自らも消耗するので
浅くてデカいクレーター作るばかりで貫通に至らない、と。では、密度の低い
弾体、例えばセラミックで、長さがあって軽い(比較的)弾体を作り、これを
高初速で撃ち出したらどうなんでしょうね? なんか折れやすい気はするが・・・

151 :名無し三等兵:02/09/15 03:53 ID:???
>>149
(笑の使い方が最悪

152 :名無し三等兵:02/09/15 10:43 ID:???
反論できないからって、そういう責め方すんなよ(藁

153 :名無し三等兵:02/09/15 10:55 ID:PkADnml+
>>150
 軽いと、衝突時の運動エネルギー損失も大きくならない?
 弾かれる、というのは比喩として。

154 :名無し三等兵:02/09/15 10:57 ID:???
↑何故に?
密度が無い分、嵩の大きな弾を打ち出すんだろ?

155 :名無し三等兵:02/09/15 11:03 ID:???
軽い、って書いてあったから、軽さへ論評しただけ。
なぜに?と言われてもな。

密度が低い物体を、高速で装甲に衝突させたときの物性など、漏れに判るはずが無いって。
逆に、どう思うよ?
前記の物体を、徹甲弾として使うことを。

156 :名無し三等兵:02/09/15 11:30 ID:???
金属のような機械的特性を付与できるんだったら、良い方法の一つじゃない?
388氏も言っていたろう?侵徹現象を左右するのは密度じゃなく衝撃インピーダンスだって。
L/D、使用材料さえ同一であれば、侵徹長はその形状比に比例するって。

#388氏報われねぇ(笑)

157 :名無し三等兵:02/09/15 11:43 ID:PkADnml+
だから軽く、長くしたいんだろうけど、密度の低い側の物性を知らんから、どうとも言えんって、言いたかったのだけど。
つまりよ、装甲側の都合は判ったから、弾側はどうなるのよ、って聞きたかったわけさ。
漏れは知らん。

158 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/09/15 11:48 ID:d8Ey3uu6
電気装甲でHEATが無力と成るなら
矢張り砲を装備した戦車はKEM登場迄は有効であると言う事だろうか
(まあ只マーベリックやJASSM等の重ミサイルを放つのなら別だろうが
 1台に何発搭載可能なのだろうか(笑)

159 :名無し三等兵:02/09/15 12:01 ID:???
侵徹現象なんだから、弾側の特性にも左右されるだろうよ?
もっかい388氏の書き込み読み直してみればわかるとw
>>157

160 :151:02/09/15 12:06 ID:???
責めてるんじゃなくて
人間的にまずいんじゃってコト。

反論は別にすること無いけど。

161 :名無し三等兵:02/09/15 12:17 ID:???
(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑
(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑
(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑
(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑
(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑
(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑
(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑
(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑
(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑
(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑
(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑
(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑

162 :名無し三等兵:02/09/15 12:19 ID:???
いつのまにか【徹甲弾】の進化をまったりと語るスレになってますな。
つか、レールガンなんてモノが、戦車みたいな限られた空間に収まる
ものなのだろうか。
今ここでされてる話ってのは、全てレールガンが前提だと思うんだけども。

163 :157:02/09/15 12:21 ID:???
そうなの。
読んでないから知らない。
衝撃インピーダンスは判ったけど、弾側のヒステリシスが大きくならないの?といいたかったわけ。

164 :名無し三等兵:02/09/15 12:23 ID:???
自走砲のほうが戦車よりスペース的な問題を解決しやすいので
レールガンの大質量弾発射の適正の無さをカバーして使えるかもしれない。

電源車を連れる、とか。
ただ、この手間を考えるとロケット部隊を強化した方がいいと言うのは禁止!

165 :名無し三等兵:02/09/15 12:30 ID:???
対戦車ロケットに赤外線誘導付けて強化したりできないんだろうか

166 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/09/15 13:03 ID:d8Ey3uu6
まあHEATが電気装甲で無力化した場合はマーベリックの様な重ミサイルを
車両は4発程度積んで(まあヘリは何発程度搭載可能だろうか)
戦車の上面装甲を榴弾で大破させると言う方向だろうか
(射程30kmは不要だろうが5−10kmとしても弾頭が巨大であればかなり大型化するだろうか
 MLRSのランチャーから此れを長射程化した物も放てるだろうか)
或いは自己鍛造弾を同一個所に2発当てる等の技で装甲を貫く事は可能だろうか

167 :名無し三等兵:02/09/15 13:26 ID:???
レールガンってなんですか?
列車の上に乗ってる大砲?

168 :名無し三等兵:02/09/15 14:04 ID:???
>>166
自己鍛造弾頭のタンデム化でふか

169 :名無し三等兵:02/09/15 15:11 ID:???
>>167
電磁気力を使って弾丸を飛ばす仕掛けですな。火薬ガスの膨張速度に頼った
一般の火砲よりはるかに高速に弾丸を打ち出せるんだそうで。

装甲の進歩から考えると,レールガンなんてモノを無理して戦車に装備する
メリットってあるんすかね?現在の火砲で十分な気がするんだけども。
徹甲弾の改良さえちゃんとしていけば。

170 :名無し三等兵:02/09/15 15:17 ID:???
改良にも限度はあり、いつか壁にぶつかるわけで。
そこをブレイクスルーしてさらに先へ進む為の、次世代技術ざんしょ>レールガン

171 :名無し三等兵:02/09/15 15:27 ID:???
>>168
それは列車砲。

172 :名無し三等兵:02/09/15 15:32 ID:???
米国第40代大統領

173 :名無し三等兵:02/09/15 16:11 ID:???
>>172
それはレーガ……


パァン

174 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/09/15 16:23 ID:d8Ey3uu6
まあ電磁装甲或いはレーザーでのレールガン砲弾迎撃と言う方向も有るだろうが
レーザーの場合は遠距離からの攻撃以外対応困難だろうか
(電磁装甲ではレールガンの出力向上には対抗出来ず
 レーザーでの迎撃や機動力を増しての回避と言う方向性に成るだろうか)


175 :名無し三等兵:02/09/15 16:27 ID:3IcLE+zG
セラミック砲弾には電磁装甲無効。

176 :添削太郎:02/09/15 16:53 ID:???
>>175
X セラミック砲弾には電磁装甲無効。
O 非磁性体/絶縁体砲弾には電磁装甲無効。

177 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/09/15 17:04 ID:d8Ey3uu6
>O 非磁性体/絶縁体砲弾には電磁装甲無効。

まあ強度を高めれば非磁性体も確か
弾けるかと思ったが


178 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/09/15 17:17 ID:d8Ey3uu6
まあ只レーザーで砲弾が迎撃されるよりは
レーザーでセンサーが破壊される方が早いのではないのか(苦笑
(或いはレールガン砲弾の(ドロズドやアレナの様な)アクティブ装甲での迎撃と言う方向性は
 どうなのだろうか)

179 :名無し三等兵:02/09/15 17:21 ID:???
>>178
レールガンに挑戦する前に砲弾をアクティブ装甲で
迎撃できるのか試したほうが良いと思われ

180 :名無し三等兵:02/09/15 21:08 ID:ICBrYBIl
なかなか、砲塔がヒコーキになって空を飛ぶ戦車の話が
出てこないな。


181 :名無し三等兵:02/09/15 21:17 ID:???
>>177
>まあ強度を高めれば非磁性体も確か
>弾けるかと思ったが

却下。
レポ読みなおせ。

182 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/09/15 21:17 ID:Tc9NAiPJ
>砲弾をアクティブ装甲で
>迎撃できるのか試したほうが良いと思われ

まあ完全に阻止出来ず共砲弾の運動エネルギーを減少させられないのかと言う事だが

183 :名無し三等兵:02/09/15 21:41 ID:???
レールガンとか電磁装甲とかに必要な大電力を供給するパワープラントは
現実的な大きさの戦車の内部に収容可能なんでしょうかね。
わたしゃものすごく疑問なんすがね。
そういう小型大出力のパワープラントができてるのに,戦車がそれでも
地上を走り回らなきゃならないってのは、どうなんでしょうね。

184 :名無し三等兵:02/09/16 05:49 ID:tR7pRGGi
レールガンが搭載されるとしたらまずは艦船からかな。。
戦車にそんなパワープラントが搭載できたら
不整地を200km/h以上とかで疾走できるだろう
中の人間がどうなるかは知らないけど


185 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/09/16 11:29 ID:rahBfvNR
まあパワープラントの出力が向上すればレールガンの打ち合いと言うより
レーザーでのセンサーの潰し合いと成るだろうか
(まあ只固定目標の攻撃にはレールガンが用いられる事も有るだろうが)
レーザーをプラズマシールドやフィルターで相当程度無効化可能なら
レールガンやミサイルの打ち合いと言う方向も有る訳だろうか

186 :名無し三等兵:02/09/16 11:34 ID:???
>>183
走り回る必要があるのはパワープラントの出力不足ではなく
ほかに実用的な技術がないからだけどな


187 :名無し三等兵:02/09/16 11:38 ID:???
>>185
センサーが車体についてなくて別働隊が持ってるとか
あたりに散布しておくのなら、戦車の破壊が必要になるかな。

188 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/09/16 11:40 ID:rahBfvNR
まあ別働隊のセンサーを叩く事は可能かも知れぬが
撒布したセンサーを全て叩くのは容易では無いと言う事だろうか

189 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/09/16 11:41 ID:rahBfvNR
或いは外部のセンサーと交信する為の通信アンテナやケーブルを
レーザーで潰すと言う方向も有るだろうが
常にレーザーで潰せる角度に其れが有るとは限らぬ訳だろうか


190 :名無し三等兵:02/09/16 11:46 ID:???
まあ散布式センサなどが戦場に現れる頃にはEMP砲弾orミサイルでセンサを焼き払ってから
自前のセンサを散布して進むという戦術も出てくるだろう

191 :183:02/09/16 11:55 ID:???
>>186
それだけ強力で小型軽量なパワープラントが開発されたら,それこそ
マゼラアタック(笑)みたいな飛行戦車とか,戦車並みの銃装甲を持った
武装ヘリコプターとか、とにかく今の戦車とは全然違う形の兵器に
なるだろうな、とか思うんだ。
>>189
あなたがいわゆる「某研」さんなの?

192 :名無し三等兵:02/09/16 11:59 ID:???
>191
地上に静止できない戦車もどきに存在意義などありません
少なくとも現在の戦車に可能なことはすべて出来ないとな

193 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/09/16 12:02 ID:rahBfvNR
まあしかしセンサーやアンテナ・ケーブルの
EMP弾への対抗策も無いとは言えぬだろうか
(フィルターやプラズマシールド等でカバー可能な部分も
 有るだろうが) 

194 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/09/16 12:05 ID:rahBfvNR
>それだけ強力で小型軽量なパワープラントが開発されたら

まあこれはパワープラントを飛行に向けるか兵装に向けるかと言う事も有る訳だろうが
両方装備すればコストが高価と成る訳だろうし
全てが飛行戦車の様な物と成るとは限らぬ訳だろうが

195 :   :02/09/16 12:14 ID:LCxx9NXX
某研究者殿!ぜひ教えてください。
○○だろうが  というお得意の言い回しは
どういういみなのでしょうか?
1 ○○なのかなあ?(自分自身への問いかけ)
2 ○○にきまってるじゃん(そんなの事もわかんねえのかよ)
3 単なる風きり音

ぜひお答えください。

196 :名無し三等兵:02/09/16 12:15 ID:???
>>195
雑談スレか某研のとこでやれや

197 :183:02/09/16 12:38 ID:???
>>192
当然できるッしょ。レールガンとか、その弾丸を防げる電磁装甲を可能にする
小型軽量大出力のパワープラント持ってるんだよ?
飛行戦車とは言わなくても,ホバークラフトになったり単なる移動要塞みたい
なものになったり(この場合は,機動力=影響できる範囲 を補うために,小型
軽量の装甲戦闘車みたいなもの多数が護衛につくことになったりw)とにかく今の
戦車とは全然違う形になるだろうってことなんだ。
ガソリンエンジンの小型化が,戦車ってモノを生み出て、陸戦のあり方を変え
ちゃったように,それ以上の変革をもたらすんじゃないかなぁ。

198 :名無し三等兵:02/09/16 12:40 ID:???
ホバークラフトってむちゃくちゃ脆弱だからどうかなー

199 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/09/16 12:42 ID:rahBfvNR
まあ両方共飛行しているのならミサイルやレーザーは兎も角
レールガンが当てられるのかと言う事だが
飛行に向けるパワーを電磁装甲やレールガン・レーザーの出力向上
ミサイルの搭載能力増大に向けると言う方向も有るのではないのか


200 :名無し三等兵:02/09/16 12:44 ID:???
脆弱でない重装甲も与えられるかもよ?何せ電磁装甲が
実用化してるはるかな未来だもの。

201 :名無し三等兵:02/09/16 12:47 ID:???
>>199
つまり、漏れがいいたいのは、このスレで議論されてたレールガン
のはなしは、戦車の三要素の一つである【機動力】をどれだけ考えて
のものなのか、ってことなんだ。
現実的には飛行なんかするよりも、もっと効率のいいエネルギーの
使い方があるんだろうけど,それだけ高出力のパワープラントが実装
可能になったとき,戦車はどんな形になってるんだろうか、って考えて
しまうんだよ。今とおんなじはずがない,よね。

202 :名無し三等兵:02/09/16 12:52 ID:???
>電磁装甲が実用化してるはるかな未来だもの。
パワープラント問題が解決すれば数年後だろ
まあパワープラントができるのがはるか未来という予測ならありだが

203 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/09/16 13:56 ID:rahBfvNR
>脆弱でない重装甲も与えられるかもよ?何せ電磁装甲が
>実用化してるはるかな未来だもの。

まあ装甲は耐えられても車体が衝撃に耐え得るのかだが
(しかしガンダムSEEDの相転移装甲や中性子装甲(要は高重力で圧縮された中性子星と同じ物だが)
 等は可能なのだろうか(苦笑
 マイクロブラックホール装甲も物質を吸収した際の放射に
 機体内部が耐え得るのかだが(苦笑)

204 : :02/09/16 14:07 ID:???
まあ戦車なんてローテク兵器だからね。
そんなゼニを突っ込める存在じゃないの。
イラン訳ではないのよ。
小銃とか機関銃と同列に語るべきもの。
要は安い・旨い・早いの三拍子よ。
わかりやすく、分厚い装甲に太い主砲があればいい。

205 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/09/16 14:19 ID:rahBfvNR
まあマイクロブラックホールを多層化可能なら
ビームや上層で物質を吸収した際に放出される電磁波を
後ろの層が吸収して後部の装甲がダメージを受けるのを
避けられるかも知れないが


206 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/09/16 14:23 ID:rahBfvNR
まあ只電荷を持った砲弾やビームで電荷を持ったマイクロブラックホールが弾かれて
ダメージを受ける危険は有る訳だろうが

207 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/09/16 14:27 ID:rahBfvNR
電荷を持った砲弾やビーム・ミサイルは
迎撃や電磁装甲で回避可能だろうが
電荷の無いビームや物質と比べれば
(マイクロブラックホールを使えないので)防御能力は落ちると言う事だろうか

208 :名無し三等兵:02/09/16 18:02 ID:gUqkcfy7
ハイテク歩兵に見つかった敵MBTが高高度で旋回中のB−52から
400発装備した小型のLOSATで狙い撃ちって方が近未来っぽいな・・。

209 :名無し三等兵:02/09/16 18:13 ID:???
マイクロブラックホール制御できるなら、それ撃ち込んだ方の勝ち
でわ

210 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/09/16 18:14 ID:rahBfvNR
まあトップアタック用のKEMなら電気装甲も役に立たぬだろうが
KEMの完成を待たず共重誘導爆弾やマーベリックの様な物で
電気装甲は突破可能ではないのか

211 : :02/09/16 18:16 ID:???
ついに「マイクロブラックホール」まで行ってしまったか・・・

ステルスヘッツァーが某研の絶頂だったな。
ポルシェ博士が象戦車よりレーシングカー作るのがうまかったようなもんか?
(↑違うだろ!)

212 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/09/16 18:17 ID:rahBfvNR
>マイクロブラックホール制御できるなら、それ撃ち込んだ方の勝ち
>でわ

まあ只荷電している物は電場で弾かれる危険も有る訳だろうか
(まあ基本的に全てのブラックホールは
 荷電しているのではないのか)

213 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/09/16 18:22 ID:rahBfvNR
>ステルスヘッツァーが某研の絶頂だったな。

まあ次は電気装甲装備のステルス戦車やPSでも描くとしたいが
現在は残念乍らモニターが壊れている(まあ今は止むを得ず異様に古い解像度の低い小型のモニターを使用しているが)
訳であり其れが修理或いは買い換えられる迄イラスト作成は滞るかも知れぬが(苦笑
(しかし突然画面が表示されなく成ったがこれは急激な温度変化の所為も有るのだろうか)

214 :名無し三等兵:02/09/16 18:27 ID:???
>>213
>突然画面が表示されなく成ったがこれは
マイクロブラックホールなんか入れるからだよw

215 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/09/16 18:28 ID:rahBfvNR
まあ電磁装甲で容易に弾かれるかも知れぬ帯電したブラックホール砲弾等用いず共
マイクロブラックホール装甲をミサイルや砲弾等の電場で弾いて
核や反物質爆弾を炸裂させた方が安価かも知れないが
(まあ只ミサイルや砲弾のステルス性は
 マイクロブラックホールより低く容易に迎撃を受けるかも知れないが)

216 : :02/09/16 18:53 ID:???
やっぱ、ちょー安い共通シャーシー小型装軌シリーズで、
ステルスヘッツァー(60RRの思想的後継)作ろうぜ。
そーいうものが現実にできた時は、「あー、あれは某研のデザインだ・・・」
って誰もが思うだろうな。(うそ)

なんか安くて反動少ない「ちょっとだけ画期的」な砲無いのかよ?(笑
ってかそーいう組み合わせとか。

217 : :02/09/16 18:56 ID:???
スピードじゃ無くて質量でどんな装甲もぶち破る砲とか、さ。

218 :名無し三等兵:02/09/16 19:08 ID:???
>>217
それこそがマイクロブラックホール弾。
しかし怪しげな量子学的効果により静止状態でも膨大な熱量をまき散らし、
核以上の破壊をもたらす諸刃の剣。

219 :名無し三等兵:02/09/16 19:14 ID:???
某研究者さんって「まあ〜」が口癖なんですか?

220 :名無し三等兵:02/09/16 19:17 ID:???
>>219
まあ〜〜〜であろうか
まあ〜〜〜ではないのか
まあ〜〜〜かも知れないが
これ基本。

221 :バキャベッリ:02/09/16 19:54 ID:???
句読点を付けないのも基本、最近はレールガンや反射衛星砲が出ないのが寂しい。

222 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/09/16 20:26 ID:b65yzPyQ
まあ只MBH装甲のコストが高ければ
ミサイルや砲弾の防護には用いられず
有人艦艇や機動要塞のみに用いられる可能性も有る訳だろうか

223 :名無し三等兵:02/09/16 20:38 ID:???
>>216>>218
そういうものより先に、リチウムとか使ったペンシルサイズの核弾頭を
使うと思われ。ブラックホールなんかが使われようかって状況で,
戦術核兵器の先制使用を気にするヤシはいませんてw

224 :名無し三等兵:02/09/16 20:42 ID:???
>>233
純粋水爆とか?
純粋水爆ってどこまで小さくできるか誰か教えていただけまいか。
TNT火薬換算1トンクラスで40ミリ砲弾に収まるサイズにできうるなら、
確実に使用されると思われ。

225 :名無し三等兵:02/09/16 21:28 ID:GVeuLodc
現代の常識レベルで言うなら、ビル1個分に収まる発電機とシステムがあれば
なんとか収量を得られるのではないかと。つまりレーザー慣性圧縮の場合
ですが。中性子慣性圧縮はもっと簡単にできますが、純粋水爆ではなくなって
しまうなあ・・・ 中性子で純粋すると多分100KM平米ほどの武器になるので
ないかと。

226 :名無し三等兵:02/09/16 21:29 ID:GVeuLodc
まあ、そろそろおとぎ話は終わりにしてもいいかな、などと。

227 :名無し三等兵:02/09/16 21:33 ID:???
>>224
純粋水爆じゃなく,ものすごく重くてものすごく崩壊時間が短い
(例えば二時間ほどの)重原子を人工的に作って、それ使う「原爆」
ですわ。それを装備した戦車隊の後を,重原子を作るためのリアクター
積んだトラクターがいっしょに行動するってばかげたおとぎ話でね。

完璧に戦車の話じゃなくなってるしw

228 :名無し三等兵:02/09/16 21:37 ID:???
カリフォルニウム核兵器とかありましたねえ…
戦車の話じゃないけど…

229 :名無し三等兵:02/09/16 21:37 ID:???
慣性制御が可能になれば。。

230 :名無し三等兵:02/09/16 21:49 ID:???
>>222
>機動要塞のみに用いられる
軍版だからあえて突っ込むけどさ。
「機動」したら「要塞」じゃないと思うんだけどもね。

231 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/09/16 22:19 ID:b65yzPyQ
まあ核パルスロケットの様に核融合燃料で作られた砲弾に
レーザーを後方から当てて敵の目前で炸裂させると言う事も
可能ではないのか

232 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/09/17 10:34 ID:hqLbl6YN
>現在は残念乍らモニターが壊れている(まあ今は止むを得ず異様に古い解像度の低い小型のモニターを使用しているが)
>訳であり其れが修理或いは買い換えられる迄イラスト作成は滞るかも知れぬが(苦笑
>(しかし突然画面が表示されなく成ったがこれは急激な温度変化の所為も有るのだろうか)

まあしかし今日の朝一応付け直して見たら映った訳だが
其の後一度消えて又戻ったので
未だに電源をON(パワーマネジメントOFF・スクリーンセーバー使用)とした侭にしてあるが(苦笑

233 :名無し三等兵:02/09/17 16:02 ID:???
新しいの買うべきですな

234 : :02/09/17 16:10 ID:???
某研は言ってることはとんちんかんだが、人柄はいいよなあ

235 :名無し三等兵:02/09/18 04:10 ID:???
>マイクロブラックホールを直接撃つ

直径が水素原子核並みに小さいのですり抜けてしまうと思われ。
推定重量は2000d
それより副次効果でいつ崩壊するかわからないので危険だよん
多分水爆並みの威力。



236 :名無し三等兵:02/09/18 08:35 ID:TMVARKNJ
もちろん蒸発効果を狙っているものと思われ > マイクロBH弾

だいぶ外れてきたのでここまで。

237 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/09/18 09:44 ID:TpTBtICC
>某研は言ってることはとんちんかんだが、人柄はいいよなあ

まあ只時として悪人・悪心から生まれた創造性が善人・善意から生じた
其れを上回る事も有る訳だろうし(無論其の逆も有るだろうが頻度はどうだろうか)
ダークフォースでは無いが悪人・悪心から生じた創造性・アイデアも
(悪を封じたいのであれば)軽視すべきでは無いのではないのか(苦笑
(故に悪心を悪行に結び付けず上手く利用できれば
 悪を倒す為の力共と成る訳だろうが
 西欧人の様に単純に悪心や其れから生じた創造性自体が無用の物とは(無論条件付きだが)考えておらぬ訳だし
 そう考えるのであればこの掲示板等にはおらぬ訳だが
 まあ矢張り次のスターウォーズで其の辺りが上手く描かれる共思えないが(苦笑)


>もちろん蒸発効果を狙っているものと思われ > マイクロBH弾

まあこれはマイクロBHでは無く量子BHだろうし
生成及び何時蒸発するかをコントロール可能なのだろうか
(マイクロBHは量子BHより巨大な物であり
 大きさは限定されていないのではないのか)

>推定重量は2000d

まあ事象の地平面の半径が水素原子並みの大きさで
質量が2000トンも有るのであれば
装甲に用いる事は困難と言う事だろうか(苦笑
(或いはもっと小さい物を多数使用すればどうだろうか)

238 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/09/18 09:53 ID:TpTBtICC
まあ故に悪に善意に固執する余り敗れるか
アイデアを得る為に悪心を利用したが
其れをコントロール出来ずに悪に引き込まれると言うパターンも多い訳だろうか(笑


239 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/09/18 11:28 ID:TpTBtICC
>まあ事象の地平面の半径が水素原子並みの大きさで
>質量が2000トンも有るのであれば
>装甲に用いる事は困難と言う事だろうか(苦笑

まあそれを支える電場の強度が高ければ問題無いかも知れぬが
其れでは下手をすると電磁装甲の方が(対レーザー以外では)防御力が高く成る可能性も有るのではないのか
しかし小型の兵器でこれを支える電場を生じさせる事は可能な訳だろうか

240 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/09/18 11:36 ID:TpTBtICC
>其れでは下手をすると電磁装甲の方が(対レーザー以外では)防御力が高く成る可能性も有るのではないのか

まあMBH装甲と同等コストの電磁装甲で実体弾やビームを防ぎ
プラズマシールドでレーザーを逸らせばそちらの方が
強力と言う事は無いのだろうか

241 :名無し三等兵:02/09/18 12:13 ID:bpi03qD7
某研さんへ

このスレに全然関係ない事ですが、
HPの更新は何時ですか?


242 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/09/18 12:41 ID:TpTBtICC
上まあ年末辺りスクリプト入れ替えと同時に
行いたいかと思うが(苦笑
(まあしかしリンク集並みに階層化可能なギャラリーCGIというのは
 無いのだろうか(苦笑)

243 :名無し三等兵:02/09/18 12:54 ID:bpi03qD7

ガンガッテクラハイ(案外気に入って、お気に入り
にも入っている軍事板とは全然関係の無い者より)

244 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/09/18 13:02 ID:TpTBtICC
上まあ只更新とは言っても殆どここでの議論の過去分の整理であるし
新しい内容は基本的に先に此所で議論した後でULされる訳だが
(3DCG等依然2Dラフ・三面図の段階だから
 これを3Dに仕上げる所迄は年末は無理だろうが
 2D画像の枚数或いは細部の完成度は増えるのではないのか(苦笑)

245 :名無し三等兵:02/09/19 14:17 ID:/W0vPl1b
戦車進化論。

○ GPSナビシステム装備
× エアバッグ装備
△ ハイブリッドエンジン装備

まあ、ディーゼルを主機関として巡航性を獲得し、小型キャパシターと
モーターで被照準時のダッシュ力を担保しようというわけだろうか

246 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/09/19 15:12 ID:Ll2b+jit
無人砲塔で車体では無く砲塔にのみ砲弾を搭載すれば
人間が乗っている車体への被弾時でも砲弾は誘爆せず
被害は抑えられるのではないのか
エンジンのハイブリッド化は偵察車両は検討されている様だが
常にバッテリーを利用可能な訳では無い訳だろうしエンジン音がする状況も
有るのではないのか

247 : :02/09/19 15:19 ID:???
無人砲塔か!
FO(観測点)が別で、レーザー照射かなんかするの?
それならば、複数観測点とかも可能になりそうだが・・・

248 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/09/19 17:08 ID:Ll2b+jit
まあ砲弾と乗員を現行よりも更に
分けると言う方向性だが40発の砲弾を全て砲塔に搭載すれば
砲塔の重量増加に繋がる可能性は有る訳だろうが

249 :揚陸たろ:02/09/19 19:08 ID:cw9y35rM
無人宝塔で宝塔にだけ砲弾。
GOODと思う。
軽量重装甲の戦車を作ろうとすれば、極端に小型化し、装甲面積を極限まで削り
”空気を装甲でまもる”ようなアフォな事は避けるべきだが、現状は砲弾を主砲に
装填するときに運ぶ空間がどうしても発生してしまっている。総店主の居住スペースも削りたい。
やっぱり無人宝塔と複数ビデオカメラによる車外モニターは正しい方向とおもわれ。

高さ90cm幅80cmの極小極厚の前面装甲の後ろに乗員3名をタンデムに並べ、
エンジンをその後ろか、(2つに分けて)横に置く。
エンジン後置き
 現実的。ただしエンジンと乗員をカバーする側面装甲面積がでかい
 鉄パイプで組んだ幅2m長さ7m高さ1mの骨組みに
 乗員とエンジンを包む装甲箱をマウント
エンジン分割横置き
 非常識。ただしエンジンと乗員が縦深でかさなるので側面装甲が節約できる他、
 エンジンが片方破壊されても動けるうえ、タンデムHEATの場合エンジン自体が
 乗員を守る盾になる。 
 乗員後ろに装甲板があるほかは戦車後部は薄板プラス骨組みで
 小銃弾に耐える程度の軽装甲





250 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/09/19 19:20 ID:AauXXRp9
まあ上の方式で砲を上に向けるスペースが取れる訳なのだろうか
(或いは固定砲・殆ど横旋廻のみと言う事なのか)


>エンジン分割横置き

これは車体前面装甲でエンジンを守れなく成るのではないのか

251 :揚陸たろ:02/09/19 19:20 ID:cw9y35rM
ヘリで揚陸の場合揚陸攻撃側は戦車との遭遇にそなえて
LOSATを軽車両に積んで持っていくが、守備側としては
MBTが軽車両にやられてはかなわないので、次期MBTは
LOSATより長射程で安価でFire&Forgetの
装甲車破壊HEATミサイルを必ず装備してくれ。


252 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/09/19 19:23 ID:AauXXRp9
HEATでは電気装甲でやられるから
トップアタック可能な長射程KEM
或いはマーベリックの様な重榴弾を装備した長射程ミサイル
(或いは重誘導砲弾か)と言う事だろうか

253 :揚陸たろ:02/09/19 19:38 ID:cw9y35rM
>>250
それはその通り! 痛いとこを付かれました。
ただWエンジンなんで、乗員室より薄め、側面装甲と同程度でよいと思われ。

エンジン防護装甲
エンジン縦置き 1mx3mx2 左右
        1mx3mx2 上下 計12平方m
エンジン横置き 1mx0.5mx4 前後
        1mx3mx2 上下 計 8平方m


254 :揚陸たろ:02/09/19 19:47 ID:cw9y35rM
>>252さん
長距離KEMって何でしょう?過去レス何番みればよいのですか?


255 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/09/19 19:52 ID:AauXXRp9
>長距離KEMって何でしょう?過去レス何番みればよいのですか?

まあ過去には出していないが固体ロケットのミサイルや巡航ミサイルから
子弾として上面装甲を攻撃する小型のKEMを発射すると言う方向だが


256 :名無し三等兵:02/09/19 20:19 ID:???
滑空砲を積んだ戦車が使われるようになるのはいつごろからの予定?

257 :揚陸たろ:02/09/19 20:30 ID:cw9y35rM
揚陸スレからのフィードバック
次世代揚陸艇は戦車を積んだ深い喫水で高速航行するため
横幅が極端に狭く、船首が尖っていて、船底も平底じゃありません。
砂浜に乗り上げたらぐらつくし、船首が尖っていて前から戦車を
おろしにくいので、戦車には水陸両用アタッチメントをつけて
沖合いで飛び込んでもらいます。
*水陸両用アタッチメントと戦車の両方にエンジンを積むのは
 無駄なので次期戦車はデイーゼルエレクトリックにして
 水陸両用アタッチメントフロートのモータに電力を供給するか
 ウオータージェットまたはスクリューを後部に装着できる
 よう駆動軸を突き出したデザインにしてください。
*上面グリルから水が入ってはこまるんで、エンジンをさけた
 後部左右上面外板にバケツ上のへこみを設けそこにラジエター
 とファンを収めてください。
*給排気管を上に伸ばせるようにしておいて下さい。
*もちろん水密構造にしておいてください
*多分上から吊る形になるので車重をささえられる吊りリングを
 上面に装備しておいてください。
*できれば可変幅機構を装備して横幅低減に協力ください。 


258 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/09/19 21:26 ID:AauXXRp9
>砂浜に乗り上げたらぐらつくし、船首が尖っていて前から戦車を
>おろしにくいので、

まあ只これは上陸時致命的な問題である訳なのだろうか

259 :名無し三等兵:02/09/19 21:30 ID:YWfBx2Bf
ガンタンク最強

260 :名無し三等兵:02/09/19 21:31 ID:???
>>254
KEM=運動エネルギーミサイル。

261 :名無し三等兵:02/09/19 21:59 ID:OSInASjF
>>257
君はバカかね。MBTの重量が水際で機動できるはずないだろうが。
ウソだと思ったら、そこらのクレーン(軽いぞ、MBTに比べたら)を
海辺に誘ってみたまえ。地盤が底なし沼だよ。

262 :名無し三等兵:02/09/19 22:01 ID:OSInASjF
水田で機動できる、という仕様がどれほど日本の戦車を
縛ったかを考えた方がいいぞ。

263 :名無し三等兵:02/09/19 22:08 ID:???
>水田で機動できる
マジで機動する気だったのか? ネタじゃなく?
泥湿地にあんな重い物を乗り入れるという発想が信じられん。

264 :揚陸たろ:02/09/19 22:15 ID:cw9y35rM
>>261
馬鹿とか煽るのはやめなさい。貴方は何様ですか
25tの装輪水陸両用車が水辺を自由に動けます。
40tの幅広装軌車と接地圧を計算比較してみなさい。
(しかし貴方は重量超過でつかいものにならないって言うのが
本当にすきだねえ)

265 :名無し三等兵:02/09/19 22:30 ID:???
>264
お前こんな所にも来たのカヨ!
某研と一緒にNGワードに入れとくから
ハンドルそれで固定しろや!

266 :名無し三等兵:02/09/19 22:43 ID:OSInASjF
>>264
米軍の太平洋戦史を見なおすことを薦めるよ、バカとは呼ばんから。
なんとか進むことができるのと自由に動けますがだいぶ違うことを
証明するために、どれだけ撃破、かく座したことか。

ところで本当に好きだねえ、といわれるほど君とつきあいはないよ。
私が見ているスレッドはごく少ない。

267 :名無し三等兵:02/09/19 22:58 ID:OSInASjF
追加しておくと、戦車の渡河訓練ほど旧ソ連陸軍で嫌われた演習はなく、
実際、一回の渡河訓練で数十人死んだ事故があったはずだ。といって、
浮く戦車は空挺戦車同様、相手に戦車がなければ役に立つことがある、という
乗り物に過ぎない。どこから来たか知らないが、このスレッドのバックナンバー
をしっかり読んで、レベルがわかってから出直しておいで。素人をたたくのは
私も好きではない。

268 :名無し三等兵:02/09/20 02:09 ID:???
ソヴィエトの渡河訓練というと、戦車の群れが小川に次々と突っ込みや
磨墨や池月もかくやと思わせる俊足で速度を落とさず渡りきり
水しぶきをあげて対岸に乗り上げて進撃再開というのを駐在武官に見せた
という話があったと思いました。

で、後日談が小川のそこにあらかじめコンクリが打たれて沈下橋ができていた
ということです。

269 :たろ:02/09/20 11:12 ID:ChfsY3qZ
数多くの失敗例がありながら、必要性のあるものです。
そのデザインを検討するのは無意味でしょうか?
それは水陸両用装甲車に戦車砲を乗せた水陸両用戦車は装甲が弱いでしょう。
それは潜水渡河は致命事故がおきやすいでしょう。
砂浜の戦車はスタックしやすいでしょう=これは揚陸艇から降りた
戦車も同じことですが。

なお、LCACが内陸で戦車を降ろすというのはほとんど空手形と思っています
ありふれた防潮堤すらこえられず、全幅15mでは自動車のために設けられた
スロープも幅がせまくてのぼれない。 リアス式海岸なんてなおさら無理だし
たまたま、堤防も防砂林もない砂浜があっても待ち伏せされている。
地雷にはつよいが、自動ドアについてる赤外線スイッチやワイヤーをトリガー
にしたRPGブービートラップには弱い。

結局図体のでかいLCACごと浜を突破するより浜で降りて装甲があって、小さくて、火砲がある
戦車形態で内陸を目指したほうがまし。

結論として、ポンツーンのかけられない川でフェリーがなければ
厭々ながら危険な潜水渡河を試みざるを得ないし、
戦車をつんで高さ10mくらいの防潮堤を越えられるホバークラフト
ができるまでは、嫌でも擱座覚悟で砂浜にのりいれなくちゃならんでしょう。
揚陸艇で乗り入れて、暗礁にひっかかって、砂浜に到達できず、潜水渡河装備で下りるのがいいか
暗礁を迂回して水道を通ろうとして、砲撃の的になるのがいいか。
浮き輪付きの戦車で出て、暗礁はキャタでむりやり超えるのがいいか。
微妙ですが・・


270 :名無し三等兵:02/09/20 12:58 ID:???
CNT装甲の戦車なら120mm砲積んでも水に浮くよ。

271 :パヴロフ軍曹:02/09/20 18:53 ID:???
HTML化待ちで読めないバックナンバーが多いのはザンネン


PT76は最強!

272 :名無し三等兵:02/09/21 11:50 ID:???
歩兵の援護無いところに、戦車だけ突っ込ますような想定の上陸作戦に反対!
そういう戦車を次世代だと語るなよ〜

273 :名無し三等兵:02/09/21 19:47 ID:???
「たろ」は、根拠無い思いつきを垂れ流しているだけです。
放置のこと。

274 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/09/21 20:20 ID:nEWEVvFo
http://melten.com/BackNumber.cgi?m=295&s=4
まあここに有る巻貝の殻の構造を利用した
セラミック装甲と言うのは今後作られるのだろうか
(まあ其の前に現行のセラミック装甲が電磁装甲に取って代わる可能性の方が高いだろうか)

275 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/09/21 20:30 ID:nEWEVvFo
>厭々ながら危険な潜水渡河を試みざるを得ないし、

まあ浮上して移動してもホバークラフトでは無いし
フロートを狙われれば脆いのではないのか(苦笑
(これでは未だ酸素ボンベでも付けて秘密裏に潜航した方が
 ましかと思うが)
ホバークラフトも敵のATMは電気装甲等で止められるとしても
戦車砲等の攻撃は危険であるのではないのか
(そうすると矢張り防御力の高い揚陸艦からの上陸が妥当と言う事に成るだろうが)

276 :名無し三等兵:02/09/21 20:37 ID:???
 まあ「たろ」の言う事も分からないでも無いが、基本的には先ず真っ当な
MBTを作り、上陸作戦があるなら作ったMBTを揚陸する為の揚陸舟艇や
LCACを作る。海兵隊専用見たいな軽戦車は更にその後だ、それも基本的に
揚陸作戦が何度もあり、専用兵器を作るのが割りに合うという前提で。
 諸外国を見ても、海兵隊を独立した兵科として運用するアメリカ以外では、
そうした兵器の開発に力を入れては無いでしょう?。一方アメリカでは重装
LCACとも言うべき武装・装甲強化型の構想も有る。しかしこれって、
揚陸作戦「でしか」使いようの無い、コストパフォーマンスの悪い兵器なんだ。
LCACだって揚陸艦だってそうだけれど、少なくとも無駄な武装を乗せて、
コストを上げたりはしてないでしょう?。

277 :名無し三等兵:02/09/22 11:16 ID:???
次世代戦車(あるいは、次々世代戦車)が、現用戦車と断絶している可能性ってどう?
つまり、防御力の向上を、冶金その他ハイテクに依存気味にして、輸送性を上げるの。
先進国同士で、戦争する状況が減りつつあるから、しばらくは現用の重装甲、重装備のプライオリティが下がる、と言う意味で。

278 :ごっぐ ◆Cs6PCFec :02/09/22 12:19 ID:???
>>277
>輸送性を上げる
小型化&軽量化狙い?
使うほうの意見は知らないけど、作るほうの意見では『二人乗りにしよう』とか
『12トンに収めよう』とか、よほど豪快な技術上のブレイクスルーがない限り
達成できそうにない構想もあるようだよ。ここでは電波扱いしてる人が多かった
けど、とりあえず今の戦車の延長上にはなさそうだ。

ただこれは新世代つか未来の世代のMBTの話で、
>先進国同士で、戦争する状況が減りつつあるから、しばらくは現用の重装甲、重装備の
>プライオリティが下がる、と言う意味で。
これに近い物は既にチェンタウロなんかの装輪戦車がある。この手の車輌は、現状の技術
では防禦を殆どあきらめざるを得ない以上、MBTの進化の先に来る物ではないと思う。

だから逆に、
>つまり、防御力の向上を、冶金その他ハイテクに依存気味にして
チェンタウロの重量のままで防御力がレオ2と同等にできるような新技術を『独占的に』
持っていれば、弱装甲に甘んじない『装輪式のMBT』みたいな物も有り得るかも。

あまり軽くなると射撃プラットフォームとしての性能が下がるという別の問題も
出てくるから、それは別途解決って事で。

279 :277:02/09/22 12:31 ID:???
なるほど。

しばらくはM8みたいな(あれそのものとはいわないが)輸送性にもかなり配慮したものを、取り急ぎの展開には使うかな、と妄想して。
べつに歩兵でも、先進国レベルなら相当高度な防御も行うらしいから、べつに海外派遣=派遣向きの戦車が即必要、ってわけでもないとは、思うけど。

実際、現用戦車レベルでも、技術的には先進国独占だから、派遣されてしまう側の後進国はきついだろうな、と思って。
だからといって、現用戦車を上回る戦車開発が不要、といってるわけじゃないけど。

次世代戦車って、ほんとうにMBTを継承するものなのかな、と妄想的に短絡してみました。

280 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/09/22 16:26 ID:fHTr9yBc
まあ砲弾を迎撃可能なHASと
電気装甲・或いは弾片防御・対物銃を止められる程度の装甲を
施したのみの戦車も登場し得るのではないのか


281 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/09/22 17:26 ID:fHTr9yBc
まあ矢張りPSやUGV等から発射される20mm対物銃や機関砲での攻撃で
戦車も容易に撃破されるのでは問題だろうが
(電気装甲でもこれ等は防げない訳だろうが
 戦車の後方は兎も角側面装甲は20mm・30mmには対応している訳なのだろうか)

282 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/09/22 17:32 ID:fHTr9yBc
まあHASもミサイルや戦車砲弾は兎も角機関砲弾迄は
迎撃出来ぬと言う事だろうか(笑

283 :名無し三等兵:02/09/23 08:45 ID:eanbvrPa
>>281
全周20〜30mmには防御、というのが現代のMBTの標準でしょう。
IFVで全周重機関銃の徹甲弾防御、前面20〜30mm砲防御。MBTは
全周でそれ。ただし30〜40mm徹甲弾になると物によっては危うく、
RPGクラスになるとERAなしで全周で止められるMBTはない、という
ところです。

284 :バキャベッリ:02/09/23 18:31 ID:???
 装輪装甲車でさえ、反応装甲や追加装甲でRPGや機関砲に耐えられる以上、
MBTが耐えられない筈も無いと思いますよ。だからこそ、最近は30mm以上の
機関砲が要求される訳ですし。

285 :某研究者 ◆TkxmpUgI :02/09/23 22:11 ID:/rf1IZll
まあPSに40mmは重過ぎる訳だろうが
小型UGVには搭載出来ぬ訳でも無いだろうか

286 :名無し三等兵:02/09/24 18:50 ID:???
ところでPSって何?パーフェクト・ソツジャー?

83 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)