2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★☆なんとかならんか漫画界☆★

1 :ほえん:01/10/29 23:36
講談社漫画賞作品の宣伝が新聞にでかでかと載っていた。
それは別にいいし浦沢作品はたしかに良質だとは思う。
でも、これだけ漫画業界全体が下火だというのに、賞だの評論だの海外
での評判はどーのこーのというものばかり元気で…これってうざくないかい?
本家本元の漫画は、昔の人気作品再発売や人気漫画の続編リメイクリバイバル
と、10年20年前の漫画マニア相手に商売してるだけ。

この萎え萎え状態は一漫画ファンとして嘆かわしい限りです。
同じように考えてる方、ここで吐き出しましょう。
今あなたが元気だと思われる作家・作品も教えてください。

2 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/29 23:37
大きなお世話

3 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/29 23:38
なんともならんでしょう。
漫画界が下火なのはそれだけの問題だけではなく
日本全体の不況も絡んでくるからで。

4 :名無じんほ@お腹いっばい:01/10/29 23:59
昔の出版社は何もして無いが、今の出版社は色々頑張ってると考えろ
続編は漫画の数が全体的に増えてるんだから当たり前、
映画やゲームと比べればまだ少ない程。

元気な漫画が知りたければ、オススメ漫画スレなどを見ろ。

5 :ほえん:01/10/30 00:22
なるほど、今の出版社がいろいろアクション起こしてるから評論などの身辺が元気
なのか…そういう考え方もあるかも。それも確かに一つの売る努力の結果ではあるかも。
でも何気に出版側の漫画そのものに対する姿勢が甘くなってるとの指摘はいくつ
か目にするし…うーむ。
ゲームとはメディアの質が違いすぎるから何とも言えないし、映画(特にハリウッド)
の続編・亜流乱発による指摘は10年以上前から言われてることだし。

反発食らってるようです。
皆さんたぶん若い漫画ファンなんでしょうね。
それでも今の漫画が好きだという人達にとっては不愉快とも取れる問題定義したこ
とは失礼しました。
ただ人気漫画やオススメを知りたいということでなく、このスレに反応
してくれるような人達が元気だと思われる作品・作家を教えてもらえたら、と
思っただけです。

6 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/30 00:28
最近のお気に入りは伊藤重夫かぬー

7 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/30 07:41
確かに1990年頃の、ジャンプ黄金時代末期〜アフタ上昇期の辺りの
状況と比べると下火かな、とは思うが。
やっぱバブルの頃の混沌が良かったのかね。
オールカラーのマンガ誌をタダで配付してるガソリンスタンドとかあったし。
でも、5年くらい前よりだいぶ良いな。
御高く止まってた新潮社も参入してきたし、ガロ復活したし、
デキはアレだったが大合作(アフタ)を再びやってくれたし
(4年に一度くらいのペースでやれば良いと思う)
クソなリバイバルは相変わらず多いが、同時に過去の隠れた名作を再録・再評価という
流れも出てきたし。
あとネット(というか2ch)あるしな。まぁ捨てたもんじゃないと思うわ。

んー、個人的に今、楽しみにしてるのは
IKKI「ドロヘドロ」「漫画家超残酷物語」
まんがタイムダッシュ「バカサラリーマン ポンちゃん」
漫サン「(被)警察24時」
ドラゴンHG「土ワイ4」
元気かどうかは知らない。俺は好きだ。

8 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/30 07:51
保守的な審査員いらん
屁理屈より単純明快な評論求む

9 :九州人:01/10/30 08:22
僕は漫画が元気がない理由が2つあると思う。
 一つは、漫画という商売が、長期化、巨大化し、完全に事業としてなりたって
 しまった為に、冒険や挑戦ということがやりにくくなってしまったと言うこと。
 もう一つは、家庭用ゲームの普及あたりからみられた、漫画すら読まなくなっ
 てしまった世代が、だんだん購買層の中心となるお年頃になって来たこと。

 そのうち、漫画は爺趣味といわれるような時代が繰るかも知れない。
 (演歌みたいな感じで。)

10 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/30 22:47
娯楽の選択肢がひろがりすぎたということ
だろうね。作り手にとっても、受け取る方に
とっても。今漫画雑誌を創刊してもビジネス
として何の旨みもない思うよ。

11 :ほえん:01/10/30 23:28
皆さん、いろんな意見ありがとうございます!!!(嬉泣)

時代が違うということでしょうかね。
社会的な状況もあるけど、漫画家に元気がないのが私はとても気になります。
80年代は、高橋留美子・鳥山明の超メジャーを筆頭に池上僚一・上条あつし・
高河ゆん・大友克洋あたりを追いかけて若手がガンガン追いかけることで大きな
渦のような勢いがあったと思うんです。
でも90年代は同人誌スタイルの漫画が確立したら、それっきり進歩が止まって
内々のつむじ風になっちゃったみたいで。

しっかし、漫画が爺趣味かぁ…考えたくもないけどありえなくもなさそう…

ところで、私は7さんの言う5年ほど前、どうにもおもしろくなくてとうとう18
禁まで覗いてた時期があって、そこで元気あると思ったのは後藤羽矢子ですね。
その後一般漫画にも進出して、今は雑誌の看板になるつつあるようです。
こういうのって何かうれしいですね。

12 :7:01/10/31 05:18
うーん、それは言い方悪いけど、
「俺が若かった頃は凄かったんだ〜ぜ〜」
と言っているようにも聞こえますが。
例に上げている80年代の盛り上がりも、70年代の
「あしたのジョー」「ドカベン」「ガキデカ」「デビルマン」あたりを
体験した世代からは鼻で笑われていたような覚えがあります。
ですが90年代も他の年代の傑作に負けずとも劣らない作品はあったのでは?
(私見ですが「寄生獣」「ベルセルク」「伝染るんです」「スラムダンク」など)

ただ、同時代性を感じさせるムーブメントはあまり無かったかと。
70年代のスポ根、80年代のニューウェーブのようなブームは
起きにくくなっているんですかね。
「不条理」「亜エヴァ物」「非スポ根スポーツ物」「萌え」「時代劇」などの
ムーブメントがある(あった)ものの、いずれも局所的な盛り上がりで
終わっているような・・・。そのせいか
「傑作はあったけどなんだか全体の雰囲気として勢いが無い」
ように思えるのかも。

13 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/31 05:32
何回か出てるけど
スクウェアのプレイオンライン構想の話はどうよ。
コンシューマで寝ながら漫画をダウンロード、閲覧できるようになるってやつ。
今でもコンビニで立ち読み、漫喫で満喫できるのに
さらに漫画と読者の距離を縮めようってわけさね
漫画はもう求めて読むもんじゃないね。漫画の方から迎えにこないと。
古い漫画歓迎

14 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/31 06:01
じじいのような苦言だな。
そんなものに関係なく、人気作品は売れるし人気無い奴は売れない。

今までもこれからも。なにも変わりはしない。

15 ::01/10/31 06:11
プラネテスの一巻、二巻を一昨日買ったのだが、面白かった。
五回ぐらい読み返した。

やはり、良い漫画(面白いと言う意味)は生き残り、悪い漫画(面白くないと言う意味)
は淘汰されていくのだろう。
ジャンプやサンデーは面白さを持続しているが、マガジンは・・・・

16 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/31 06:24
音楽好きとしては、そんな話は20年以上前に終わったよ、と思うけどね。

17 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/31 06:24
>1
そうは言っても、宣伝しなきゃだれも漫画賞の存在なんか
知らぬまま。それ自体は悪い事じゃない。
メジャーのまんがは全体的に衰えてるけど、メジャーマイナー
問わず、個々には優れた作品は生まれてると思う。

18 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/31 18:02
優れた作品ももう売れないだろう

19 :名無じんほ@お腹いっばい:01/10/31 22:13
とりあえず70年代・80年代と比べるのはやめろ
規模も作品の表現も全く違う物になってるんだから、
どの雑誌でも昔の方が良かったなんて話を聞くが
雑誌の数が多くなったんだから面白い作品が散らばるのは当たり前

>九州人
漫画は昔から挑戦なんて、なにもしてないだろ、

漫画の売上低下とゲームはあんまり関係ない
ゲーム自体も売上が低下してきているし
売れないのは娯楽に使うを不景気で出し渋ってるだけ
同人誌・古本・漫画喫茶などをあわせると漫画全体の売上は実は上がってる。
あんまり適当なことばっか言うな。

今でも新人の数は増えてきてる
80年代の勢いは時間がたったから確認できてるだけであって
90年代にも渦はちゃんとあるが90年代の漫画家は
漫画以外の物から影響を受けてたりするので分かりにくいだけ

20 :名無じんほ@お腹いっばい:01/10/31 22:19
出版社も頑張ってる証拠
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/comics/topics/mangafesta/

ただし努力ししたからってこれは・・・。

21 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/31 22:19
昔の漫画もクソみたいなのあったのに残った名作=その時代の漫画レベル
として語るのはいかがなものか。

22 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/31 22:23
漫画賞なんて身内を他所と比べてないじゃん。
特に○×社なんかそれの極み。

23 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/31 22:40
ちょっと話は違うかもしれないが、AERAに月一度ぐらいのペースで
集英社が広告を出している。主な購買年齢層と思われる30代40代の
男女向けに、その世代にとって面白そうなマンガをピックアップした広告。
たとえば「キン肉マンII世」「リンかけ2」「暁!男塾」をセットで紹介したり、
槙村さとるが久々にダンスものの新作描いてるよと告知したり、
目立たないが生活感あふれる佳作を紹介したり(目立たないのでタイトル失念)。
普通に雑誌の看板としてプッシュされてるようなものを押しつけるのではなく、
ターゲットを絞って紹介しているのがわかるので、毎回興味深く見ている。

24 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/10/31 23:46
ゲームはネットとうまく融合して新しいジャンルが創れるが漫画は・・・

25 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 00:09
漫画ブームの時にヒットする漫画、売れる漫画の
定石が確立してしまい、出版社がそれにあわせた
ものしか描かせなくなったんだと思う。漫画家の
資質よりもそちらの原因の方が大きいんでは
ないだろうか。

26 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 02:01
つまり保守的って事ね

27 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 02:10
俺は違うと思うな。

これまでと違って漫画「しか」知らない層が、送り手側に大量に流入し出したことこそが
原因。近親相姦を繰り返すと遺伝子が弱体化するのと同じで、漫画が好きで好きでしょーがない
オタどもが漫画家になったり編集者になったりするからこんなことになる。

そうやって、進化の袋小路で近親相姦繰り返した挙句、糞漫だらけの世の中になった…

28 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 02:13
的を射てるねー

でも原因は一つじゃないような気もするね

29 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 02:14
まず現在は糞漫だらけという根拠を述べろ

30 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 02:15
>>27
すげ-ステレオタイプな意見だな。
もうちょっと視野を広くした方が良い。
マジレス。

31 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 02:16
糞漫かどうかは知らないが、なにを読んでもどっかで見たような発想だったりするね

32 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 02:19
>>31
それでいいのじゃ。
今までに無い=誰にも思いつかない=その人しかわからない
ってこと。
フォーマット化されたベースが流れてないと、読み手は安心できないのさ。

33 :ギコギコ:01/11/01 02:21
>9,25,27
あたりの意見の複合的要素が強いと思う。あと、今の編集長って、官僚と同じで
定年までの逃げ切りを狙ってるんだよ。新人登用は冒険だけど、こけたら部数低下に
繋がって詰め腹切らされるから、そんなことはだれもしたがらない。

ここだけの話だけど、最近出てきている新人も、ほとんどが10年くらい前流行った
作家の焼き直しだからね。そういうのを求めるように、読者のほうも固定しちやって
るんだよ。保守なのは編集だけじゃないよ。

でも、「表現したい」欲求を持っている人間は、どう言う形をしても、表には出て
くるものだから、それが例え漫画ではなくても、そういうのを楽しめる心の余裕は
もっておきたいもの…なんちて

34 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 02:23
どうしても「昔はもっとなぁ…」っていいたい人の愚痴にみえてしまう

35 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 02:23
>>32
でも最近アニメのガンダム見たけど
ああいうのは発想がかぶってるとは思わず単純にすごいと思った

36 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 02:24
団塊の世代やオウム世代の人間が何か色々描いたように、
ひきこもり世代がどう言う漫画を描くのかが見物。
(ただしブラックキャットみたいなコラージュ糞漫画は却下)

37 :編集:01/11/01 02:33
表現とか青臭い事言ってんじゃねーよ。
単純に作家も出版者も仕事人間が減ったって事だよ。
昔は漫画家と編集者は一心同体っていうのが多かったが、ありゃ今の時代に合わない。ていうか馬鹿。
この多様化の時代に、そんな他人と足並みそろえて気合を入れるアホはいねえ。(表向きはそういうフリはするがな。)
アホがいねえからパワーが無くなって、スカスカの漫画しかできないんだよ。
でもそういう仕事やっててもそれなりに給料はもらえるから、それで良いんだよ。

38 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 02:35
>>36
団塊→サラリーマン金太郎・ゴーマニズム宣言
オウム→ドラゴンボール・エヴァンゲリオン
でいいすか?

39 :名無しさん@お腹いっぱい:01/11/01 02:36
>>36
コラージュ系はちょうど今が(正確には90年代半ばくらいから)旬でしょう。
ひきこもり系が出てくるのはもう少し後。(次世代か次次世代)

40 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 02:37
漫画どころが出版界全体が軋みはじめているというのに…

41 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 02:38
そういうところの表現は現実より早いのでは?

42 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 02:38
昔より目に付きにくくなってきたというのも、複合原因の一つかと。

新刊本は1ヶ月も並んでればいい方で、それを過ぎると新刊
コーナーから撤去され、棚にも並ばず即返却。
月刊誌の種類も多いけど(100種以上)、本屋には数冊しか
並ばないものも多いし、1週間もすれば店頭からも消えてしまう
(大量に売れ残った場合除いて)。買おうと思ったって、売ってない
なんて事はザラ。

こんな状況下で、あまり意識せずに手に取れるものだけ見てると、
アニメ化されたのとか、出版社が単にプッシュしてるだけのとか
(面白いかどうかは別にして)、あとは週刊誌と、一部の売れてる
月刊誌の漫画くらいしかない。

これだけが目立つもんで、やたら閉塞感を感じてしまうんだけど、
じゃあ面白い独特な漫画もあると力説したところで、
本屋で買えないし、本すら無いから試し読みも出来ない状況。

特に最近は、大手出版社の新刊コーナーの取り合いに近い状態
なんで、サイクルがさらに早くなってしまった。
どんどん保守的に、閉塞的になってきてるなと思う。
いいものもあるのに切り捨てながら。

>>33に付け加えられれば、ってことで。

43 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 02:39
ひきこもり系ってどう言う漫画描くんだ?
まあ、どっちにしろ「俺には理解できねえ」んだろうけど。
(歴史は繰り返す)

44 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 02:40
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 | ここでボケて!!  |
 |_________|
    ∧∧ ||
    ( ゚д゚)||
    / づΦ

45 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 02:40
>>36
うむ。その考え面白いと思う。
どう言うのが出てくるかな?
やっぱり終始内省的なものなんだろーか?

46 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 02:40
今までの漫画家にも相当いるのでは>ひきこもり系

47 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 02:40
NTTが値下げしないからその分漫画に行く金がないんだ

48 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 02:41
もうちょっとテレビとかのメディアでプッシュできればいいんだけどね。
邦楽のランキングなんて毎日やってるじゃん。糞みたいな奴を。
映像ばえしないジャンルだから相性悪いのは分かるけどね。
でも漫画より売れてないだろって言う本のランキングやるぐらいなら(最近やってねえか)、
漫画もやれよと思う。

49 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 02:41
ランク王国でやってるじゃん

50 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 02:42
>>46
つげ義春とかか?(w

51 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 02:43
ていうか漫画家はひきこもりじゃなきゃなれないだろ。
どーせ取材や素材収集は編集がするし。

52 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 02:43
引きこもり系は1980年生まれ以降?
丁度エヴァやってた頃中学生の奴らだよな。
あー、むしろそれはエヴァ世代なのかな。
引きこもり系はもっと後かな。

何にせよ、虚構だの現実だの周りの奴は僕を分かってくれ無いだの言うんじゃネーノ?
おいらは映像系の学校へ行っているが、エヴァの呪縛はすさまじいぞー(藁
もう遺伝子レベルで刷り込まれていやがる(藁
みんなその呪縛から逃げたいんだけどな(藁

53 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 02:44
>>52
あんた・・・その「(藁」自体が・・・すでに・・・。

54 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 02:46
幼女をさらったり小学校襲ったりするパワーを
漫画描く事に向けてる奴が今何人かいるんだろうな。
そう言う奴が書く漫画が「ラブひな」もどきだったりしない事を祈る(w

55 :名無しさん@お腹いっぱい:01/11/01 02:47
エヴァに毒されてるのと上だ書かれてるコラージュ世代ってモロ被ると思うけど。
なんか無防備に侵されましたって感じ

56 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 02:49
漫画家も読者もレベルの低いリアリティで頭でっかちに満足しちゃってる
リアリティは足で稼げ

57 :ギコギコ:01/11/01 02:49
>37
でもみんな、同人誌だと「気合を入れて」「パワー全開で」「仕事人間」に
なった感じで取り組んでいるよね−。そんなパワーを取り出せなくなった
のは編集の責任。編集がサラリーマン然としているから、漫画家だって
手を抜くんだよ。

>52 そいつら全員才能無い

58 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 02:50
>>52
俺らのアキラと一緒だ。

59 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 02:51
そういうあんたはリアリティーをどれくらい知ってんだ?

60 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 02:51
もう漫画家は絵を描くだけの絵家になるといい

61 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 02:54
>>54
宅間はもっと上の世代だろ

62 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 02:56
>>53
あー、おいらじゃなくて周りがねー。もう物凄い過剰反応。
おいらはやっぱり影響あると思いますよー。
話は犬に食わした方が良いけど、表現だけは面白いからナー。
まあ、おいらは紅い眼鏡が好きだからあんまり関係ないんだけど。ソレモダメダナー。

>>55
ああ、そうでしょうねー。
すっかり忘れていた。

>>56
それが命題なんすよねー。
ただ物語で語られるべきリアリティって言うのは嘘でもいいんすよ。
でも、その嘘の付き方や付くべき嘘を付かないから頭でっかちに見えたり
嘘が嘘っぽく見えなくなるンスねー。
いくら現実を知っていても嘘の付き方上手くないと全然駄目ッス。

63 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 02:57
リアリティってのはその話の中で自然に思えるのならそれがリアル

64 :編集:01/11/01 02:59
>>57
サラリーマンなんだから、当然だろ?
搾取されてんだしさー。

編集やってみるとわかるが、納期とかコストとか言う言葉に囲まれると、作家を消耗品としか見れなくなる。
でもその方が業務の執行という観点から見れば、やりやすい。
けどそれはまあ、供給側の論理であり、消費者の論理ではないことはこのスレを読んでてもよくわかるんだが・・・。

だけど、その方が楽なんだモン。

65 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 02:59
謎はすべて解けた

66 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:01
犯人はオマエだ!>>64

67 :サラリーマソ:01/11/01 03:02
>64
仕事を「搾取」と思っているからダメなんだよ

68 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:02
>>57
イヤー、エヴァの呪縛から抜けだそうとしているんだから可愛いもんですよ(藁
何で開き直れないかな。
ある意味じゃ仕方がないんですよ。自分の欲求がそれな訳だから。
出来てから修正していけばいいのに。どうせ駄目なんだから(藁
それ以前で拒否していたら欲求不満だけが残るだろうにー。

>>58
アキラリスペクトも多いッスよー。
アキラとエヴァは二大巨頭。押井になると話が分からなくなるらしい(藁

>>59
それは水掛け論ッスねー。

>>60
ある意味ではそれも正しい選択なのかも知れませんよ?
話作れない奴が多すぎですから。
漫画家って大変です物。脚本書いて構成考えて演出して演技指導までする。
マジ大変。

>>62
って日本語変だな。
>嘘が嘘っぽく見えなくなるンスねー。

嘘が嘘っぽく見えちゃうンスねー
ッスね。

69 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:03
とりあえず、このスレは昔は良かったから一歩も外に出ていない。









氏ね。

70 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:05
>>64
それも現実だと思いますよー。
常に供給する側と消費する側の思いはすれ違う物ですー。

71 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:07
>>68
君は丈助か?

72 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:09
>>71
残念ながら幽波紋を出すことは出来無いッス。
昔一日中頑張ってみたンスけどついに出せませんでした。
なんでかナー。やっぱり髪型に触れられたらブチギレ足りしなきゃ行けないのかナー。

73 :編集:01/11/01 03:11
>>67
一度自社の株主になって裁判所より許可を得て取締役会議事録に目を通すべし。
労働が鞭とすれば、やりがいとかクリエイティブとかいう言葉はアメだ。

74 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:14
リアリティって言ってもマンガは荒唐無稽さが売りな部分もあるし。
取材したとしても次どう進むか編集も作家も分ってないだろうし
その都度取材に行く暇なんてないだろうし。

75 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:17
絵柄はどう変化するんでしょな。
そろそろ外人が見たらどう見ても奇形じみてるアニメ絵は淘汰されてもらいたい。

76 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:20
まー、その世界観を維持するための必要最低限のリアリティと言うことだと思いますよ。
パトレイバーなんかはこの嘘の付き方がうまいッすよね。
全く有り得ない嘘の周りをもっともらしい嘘で囲むことによってリアリティを出す。
最近はそう言った嘘の付き方が下手くそなんだと思いますよ。

77 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:22
>75
手塚以降の漫画を全て否定する気か

78 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:23
>>75
リアル路線とアニメ絵とその中間という図はかわらんと思いますよ。
結局は日本人がそれになれてしまっている。
ナウシカを見ても日本人の多くは変とは思わないでしょう。
それが変に見えるようになれば変わるかも知れませんけどね。

79 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:23
結局このスレ、何が言いたいのかさっぱりですわ。

80 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:24
リアル絵はオオともで頭打ちだろうし漫画絵のほうが
伸びるんじゃないかね。
絵でハードル高くなってもいいことないだろう。

81 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:25
>>75
ネズミや猫、犬をあんなにデフォルメ&擬人化しちゃう人種だし、
違和感なく受け入れちゃうと思うが。

82 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:25
>>78
外国人も変だと思ってないよ>ナウシカ
つーか日本の漫画の絵柄を取り入れる外国漫画も増えてきてるし

83 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:25
要するに成るようになるってことですよー!
未来のことは起きなきゃ誰にもわからんのです。

84 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:26
漫画においてのリアリティって言うのはいかに欲望に逆行するか
欲望に忠実と言うことは都合の良い展開が必至ということでそれじゃ話が浮く
かといって己を殺し理性に忠実になればリアリティは出るがなにを伝えたいのかわからない
間のバランスを保つには経験が不可欠
経験が欠落していれば落ち行くのみ

85 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:26
リアル絵っつってもアメコミもBDもいわゆる写実的な絵柄はごく少数だと思うが

86 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:27
>>82
ありゃ。
もののけやったときに、記者の質問で一番多かったのが、
何で登場人物の目はあんなに大きいのか?だと思ったけど。

そりゃ、漫画を取り入れるようなオタクは変だとはおもわんだろうけど。

87 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:27
>>84
それリアリティの話なの?

88 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:28
>>79
おやじとプチおやじの愚痴スレですわ。

89 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:29
そろそろGペンオンリーって考えを捨てるべきじゃねえかな。
Gペンあればかなりのパターンの線引けるっつーけど、
あれってどこまで行ってもシャープな物が書けるだけで、
ボヤけた線とかは無理なんだよね。アナログな温かみのある絵って言うのかな。

90 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:30
リアルとは何か?

ファイッ!

91 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:30
まんがってさ悪い言い方すればパクリが本質だと思うんだよね。
映画とか小説とかから色々パクってたわけじゃん。
でも漫画自体が一番メインになってきてさてどうしようって時期
なんじゃないの?
パクろうにも他は他でこっちからパクろうとするし。

92 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:30
漫画よりもアニメの方が危機的な状況。ハリウッド資本が
日本アニメ的なものが売れると判断したら本気になって
そのシステムを模倣改良して日本の低予算アニメなど一蹴してしまうだろう

93 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:31
リアリティにも色々あると思うけど。
「ラブひな」もあれはあれでリアルなわけだし。
(モテない君の大妄想として真に迫ってるって意味ね)

94 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:32
>>90
車椅子バスケ漫画

95 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:33
漫画(つーか創作全般)における「リアリティ」っていうのは
いかに読者に疑問を感じさせないかが重要

96 :編集:01/11/01 03:33
>>89
漫画雑誌の紙質は再生紙で悪いから、Gペンのようなシャープな線じゃないと印刷がはっきり出ないんですもの。

97 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:33
>>92
もっと狡猾
日本人に作らせて自分たちが儲かる仕組み

98 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:34
>>84
それはリアリティの意味がずれてきてしまううんじゃないですか?
ストーリーとして成立するかどうかと言うのは別問題のような気が。

99 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:34
今91が良い事言った!!





ような気がする。

100 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:34
>92
夏目の本マンマじゃん.。

101 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:34
>>95

いいこと言いやがるぜなのよさ

102 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:35
>>97
日本人の方が面白い作品作ると言うのならその才能のある奴等を全部スカウトしていっちまうだろうしな

103 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:35
和製ハリウッド的な役目をこれまで漫画が背負って来たんだよね。
邦画や文学が駄目駄目な変わりに。
だからと言って、今の日本、映画も文学もドラマもハッキリ言って漫画を脅かす位置には立ってない。
そう考えると問題はフィクション全般にまで及ぶかもよ。
ネットと携帯を使った新しい架空(現実も混じってる)のコミュニケーションに
フィクションが駆逐されてしまう。
2ちゃんねるなんかがそうね(w

104 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:36
リアリティ=空想+ネガティブ要因

105 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:36
出版業界はもうすぐ崩壊します

106 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:38
ちょっと待って。今ここでいってるリアリティの話なんだけど
画の事?それとも設定?

107 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:38
>>102
詳しいことは忘れたけど(だめじゃん)
もうあっちにはそういう仕組みがあるってさ

108 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:38
小林よしのりこそ救世主

109 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:39
複合的な物だろリアリティなんて。
リアルな現実世界を舞台にしないとリアルじゃないってわけでもないし、
絵がリアルじゃないからって駄目なわけでもないし。

110 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:39
>>106
設定じゃないの?
画にそれを求めることはナンセンスだと思うが。

111 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:39
>>106
設定じゃろう。
絵画じゃなくて漫画なんだから、画はリアリティーじゃなくて当たり前さ。

112 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:39
リアル絵というのは「キングダムカム」みたいのを言うのでは?

113 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:39
もともとガキ向けのメディアにリアリティっつっても。
名作でもリアリティに傾いたのは少ないでしょ?

114 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:41
つげ義春とか水木しげるの漫画の背景とかはリアリティーだよな。

115 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:41
漫画のリアリティっていうのは別に現実的とかそういうことじゃないすよね

116 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:42
>>114
リアルでしょ。リアリティーだなんて言い回しはないっしょ

117 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:42
>>115
うむ。個人的には、>>95氏の意見がツボを押さえていると思うのだが。

118 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:43
藤子FのSFもリアル。

119 :114:01/11/01 03:43
>>116
すまん・・・

120 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:43
基本的にリアリティって言うのは世界があって初めて成立するんだよね。
人物特徴だけを並べられてもピンとこないでしょ。
例えば、今ここで誰かが自己紹介しても漠然とし過ぎている。
リアリティの要って言うのは、言いたいことの周りにあるんだよ。
ある人物がいたとして、その設定にふさわしい周りがあるからこそ、それがもっともらしく見える。
逆にそれが駄目だと浮いて見える。
周りをいかに上手く嘘付くかによって、リアリティって言うのに信憑性がでてくるわけさ。

121 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:44
画面が狭いような気はする。その中の世界が広くないと言うか。

122 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:45
「うわっ、リアル」だと思った漫画のシーンとかどんなのよ?>>ALL

123 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:45
リアリティリアリティリアリティうっせえよ!!!!!!糞爺が・・

124 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:45
>>117
その通り。
いかに読者に突っ込みを入れさせないかが肝。
だから敢えて嘘を付く場合だってある。

125 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:46
>>122
梅図かずおの以下略

126 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:47
フィクションのリアリティってのは
いかに現実世界に近いかではなく
そのフィクション世界に説得力があるか、です。
まぁ95のいってる事と同じなんだけれど。
それを嘘をつく、と言われるとちょっと違うような気がする。

127 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:48
前ふりとか伏線が露骨でもリアルじゃないよ

128 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:49
あんまり漫画に関心のない人は10巻も20巻もあるのには
手を出しにくいだろうなあ。ブッコフもそりゃ繁盛するわ。

129 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:52
>>126
ああ、それは言葉のあやっつうか。
フィクションって言うのは結局フィクションなんですよ。
それにいかに説得力を持たしたとしても、やっていることは上手く観客を騙すかと言うこと。
気持ちよく騙すかってことね。
だから嘘を付く、と言う表現がぴったりだなぁと個人的に思うわけ。

130 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:53
>>128
しかもアニメ化されたとかそう言う話題性が無いと売れないんだよな。
ネットがもっと普及して、マイナーだけど凄いオモロイ作品も売れるようになってくれんかな。

131 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:54
>>130
殺し屋1とかって、ネットで話題になって売れた漫画だと思うけど・・・。
どうかな?

132 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:55
>>129
騙すとか嘘をつくってのは良い表現だよ
疑問を感じさせない、説得力を持つ、世界観を確立させる、自然な感じ
っていうのはそれこそ現実世界にしかないんだから
それを創作物で作るには騙すしかないわけで・・・

不条理を自然に受け入れられる人は騙されてるわけで・・・
手品と同じよ

133 :126:01/11/01 03:56
>>129
まぁ、単に僕が「嘘をつく」って言葉に負のイメージしかないってだけなんだけれどね。
フィクションを製作する仕事を志してるもので。
いいたい事は解ってます。

134 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:57
その手品の種にも色々あるのよな。
絵がリアルだとか、人生経験が豊富だとか。

135 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:59
絵がリアルってのはどういう意味なんでしょう?
写実的、てことか?
漫画の絵は記号でしかないからね。

136 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 03:59
>>134
(゚Д゚)ハァ?

137 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 04:00
>>127
まあね。
でもさりげない伏線って難しいんだよね。
ダイハードを見ていると本当にそう思う。
(あれは基本的に主人公の行動がリアクションだけで構成されている脚本の教科書のような映画)

138 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 04:01
絵がリアルで得した漫画家:大友克洋
人生経験が豊富で得した漫画家:青木雄二
って所かな?

139 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 04:01
>>133
らじゃ。

140 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 04:02
>>135
絵は重要だろ。
漫画は絵で大部分の情報を伝達するわけだから。

141 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 04:03
伏線を意図的にはろうとしてる人は100%失敗する
天然を望む

142 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 04:04
岩明均とかは意図的だけど上手いよ。

143 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 04:07
>>141
つうかね。
俺の中の割り切りで、どうせやるなら伏線は露骨なぐらいでちょうどいいと思うのよ。
ただ余り先のことを見据えるのは止した方が良い。
大抵そう言った伏線は回収しきれなくなるから(藁
まずは出来る範囲内で確実にやった方が良い。
自然と出来てしまったときは、神の祝福に感謝するべき。
おいらはそう言うもんだと思っている。。

144 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 04:07
>>135
どれだけ違和感を感じさせないかって事じゃねえの?
たとえば泣き顔一つとってみても、
リアルな泣き顔とそうでない顔があるっしょ。
(写実的であるかと言う意味ではないよ)

145 :ほえん:01/11/01 04:10
皆さんいろんなカキコありがとうございます。
まずお断りしておきたいのは、「昔はよかったスレになってる」とのご指摘ですが、
そもそも私の問題定義の仕方がそれに近いものだったのでそもそもこのスレはその
流れになりやすいのは自明なのです。罵りにはなりません。
あと、私は80年代を見てきた人間なのでどうしてもその頃と比べての発言をしま
したが、いろんな作品や本を読むと70年代・60年代もすごかったみたいですね。

個人的に思うことに、私が最近になっていいなと思ったものの作者ですら、キャリ
ア的には長い人ばかりなんですよね。
80年代の頃では、作品でヒットさせてるのは大体デビュー2・3年くらいの人ば
かりで、5・6年かかった車田政美なんかは下積み長いと感じるくらいでした。
70年代以前の巨匠、手塚治虫・ちばてつや・本宮ひろ志・永井豪などはすでにだ
さい中堅所という印象でした(もちろん好きな人は好きだし泣かず飛ばずではなか
ったけども)。漫画家はスポーツ選手のように若いうちの仕事かと思うくらい。
でも今でも高橋留美子やら浦沢直樹やら第一線でばりばり現役だし本宮ひろ志復活して
大暴れしてるし。エヴァの貞元義行も80年代からアニメ業界で活躍してる人だし。
バガボンドの作者の井上雅彦もすでにもう10年選手だし。

新人パワーでばりばりって時代が作られて行くという雰囲気を感じられないなあっ
て思うんですよねえ。

146 :ほえん:01/11/01 04:13
ああ、文章書いてるうちにカキコが増えてなんか話題がまた変わってる。
どうも失礼しました。

147 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 04:17
そゆうの好き
古フェチ

148 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 04:18
>>145
貞本はアニメデビューより確か漫画デビューの方が早かったはず。
ガイナックスに参加してアニメーターになっていったけれど。
漫画版エヴァは再デビューと言う事か。

149 :ほえん:01/11/01 04:30
148さん、私の知識不足でした。ありがとうございます。

ところで、昔は漫画を実写にした作品が優れているなんて考えられなかった。
ビーバップは中山人気も手伝ってヒットしたけど。
ショムニとかハッピーマニアとかきらきらひかるとか、漫画よりおもろい
ドラマが続出で、テレビドラマにすら漫画は脅かされてるような…。
吸収する立場だったのが吸収する対象を失って、逆に吸収される立場に
なってるという指摘は当たってるような気がしますね。
リアリティについては、作品にマッチしておもしろさを出していれば
写実でも劇画風でもヘタウマでもイラストレーション風でもいいと
思います。
(個人的には柔らかくて線の強弱がある絵が好き。80年代好みだなあ(ワラ)

150 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 04:44
>テレビドラマにすら漫画は脅かされてるような…。
これは脅かされてるとは言わないだろ。

151 :ほえん:01/11/01 05:26
脅かされてるという言い方は微妙かもしれないけど…。
80年代半ばにとんねるず主演映画で初めて、今のフジテレビがよくやってるような
手法を見たんだけど、当時は稚拙で全然おもしろくなかった。
でもあの手法が洗練されて、今は本当にテレビドラマおもしろくなったと思う。
ショムニやはっぴーまにあなんか、ドラマの漫画的手法で漫画よりおもしろくなった
ドラマの典型でしょう。

それに今の中高校生が学校で気軽に「キムタクが…フカキョンが…」と話題にして
るけど、昔は同じような感覚で「ケンシロウが…ラムちゃんが…」ってみんな話してた。
今の中高生はそこまで漫画を身近にしてない。かわりにテレビドラマに話題取られてる。
これは私が子供相手の商売してるからよくわかることなんです。

152 :九州人:01/11/01 08:24
 19>>ゲーム売れたから漫画の売上に影響したというつもりは無いんだけど。
     ただ、家庭用ゲームの登場で、エンターテイメントメディアに対する
     見方が世間的に変わりはじめたというようなことをいいたかったんだけど。
     手軽に楽しめるのが漫画だけじゃないんだというような。

 娯楽の多様性というのはあると思う。

 現実問題として、漫画そのものの品質というものは、昔に比べれば、
ずーっとあがっていると思う。秀作というものはむしろ増えている。

 ただ、時代や産業すら動かしてしまうエネルギーというものが、必ずしも
漫画から発せられなくなってきてしまっている。

 世代の共通言語になっていないということだろうか。

153 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 09:47
>75
外人って、欧米人のことだと思うけど
オタク絵はむしろ日本より評判いいってさ。

154 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 11:24
じゃあもののけのなんでこんなにメガデカコメントは
そういうのに慣れてない人らの感想なのかね。

155 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 11:34
本屋って売れ筋の漫画しか置かないから
おもしろいけどマイナーな漫画がどんどん
消えていく。
ブックオフは漫画の未来を脅かすものでござる!!
とかいってる運動は、その辺を解決してくれないと
全然支持できない。

156 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 11:38
>155
ござるにワラタ。

知名度も功績も認めるけどじいさま連中
がいきり立つのはなあ。
若手のほうの問題だろうに。

157 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 11:54
漫画は、小説や映画と違って「完成品」を作者が出せない場合が多いからねー。

例えば小説では「長編書き下ろし」とか、「連載→単行本での大幅加筆、訂正」に時間使っても許されるけど、
漫画でそれが許されるのって皆無に等しいじゃない。

今でも、昔でも、な。

158 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 13:31
漫画を買いかぶりすぎ
今のドラマは漫画より音楽のプロモから影響を受けてる
もちろん海外の

159 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 18:33
ドラマ見ないからわかんねーや俺。

160 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 19:54
つーかなんかすげえいいスレだな。

161 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 21:41
>157
そのへんのマーケットって、本当にないのかな?
1冊分の描きおろしで完結。テレビドラマに対するVシネマのような、
読み捨て感覚のマンガ。

媒体として、コンビニ売りしてるペーパーバック300円ぐらいの形態はどうか?
いまのところは過去の名作の再録で知名度頼りの商売をしているが、
あるていど名前の売れた作家が描きおろしで道を開けば、
若手の参入する余地もあるのではないだろうか。

162 :つのなでて〜:01/11/01 21:45
つのなでて〜
   Α
 (-_-)

163 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 21:46
松本大洋がやってたね。アレは売れ行きどんなだったのかね?
これは読み捨て感覚とは言いがたいが。

164 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 21:52
>>161
あるにはある。
あるけど1ヶ月も本屋に並ばず、棚にも並ばないから、
売上げもそこでストップ、急下降。

連載ものは一応遡って注文もあるだろうけど、全1巻
読み切りみたいなのは、ほとんど「新刊で出た際に売り切り」
に近い状態。

本屋で見なきゃ存在すら知られないまま消えて行くのみ。

なんか宣伝手段あればいいけどね。

165 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/11/01 23:02
ドラマがプロモから影響受けてる撤回
さっきくさなぎ剛のドラマちこっと見たら漫画っぽいっていうのわかるわ
おちゃらけカット多いね
でも漫画から影響っていうのはちがうな
映画もドラマもCMも作る前に絵コンテ描いてるしー

43 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)