2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

▲▼▲三角大福総合スレッド 第三章▲▼▲

1 :無党派さん:02/10/30 01:01 ID:RoHLlxaw
古き良き(?)自民党を語るスレッドです。
派閥抗争の最盛期 三角大福時代を中心に語りましょう。

2 :無党派さん:02/10/30 01:07 ID:67e9D/DQ
この時代に何回も分裂騒ぎが起こったから
反動で竹下の時代から総主流派体制になってしまった

3 :無党派さん:02/10/30 01:22 ID:zI959gle
自分でスレ立てといて質問なんだけど、
大下英治著の「激録!総理への道」の大平正芳の章
以下抜粋
<大平が死去する二日前の病室で>
大平は、選挙に勝利をおさめて、自らの後継総裁の指名権を握ったら、
自分の思っている後継者を指名して、金バッチを自らはずそうと考えていたのである。
安田(大平の秘書)は、ベッドでの月旦評を聞き、いった。
「なかなかいませんね」
大平は首をふった。
「いや、いるじゃないか」
大平は一人の政治家の名を口にした。
<中略>
もし、盟友である田中角栄に、その人物の名を直接伝えていれば、
その人物が後継総裁になっていた。
<中略>
大平が口にした政治家は、のちに一度総裁候補にのぼることはあるが、
ついに総裁になることなく死ぬ・・・

結局この本の中にはその人物が明かされていないんだけど
一体、誰だったんだろう?

最初は河本敏夫ではないかと思ったんだけど
河本は何度か総裁候補になってたし、この本の出版が2000年7月なので
まだ死んでないんだよなぁ。

4 :無党派さん:02/10/30 01:25 ID:TX8BA7g2
>>3
渡辺美智雄

5 :無党派さん:02/10/30 01:32 ID:TX8BA7g2
かと思ったがちょっと違うかなあ。


6 :無党派さん:02/10/30 01:36 ID:mono73Zm
伊東正義が死んだのはいつだっけ?

7 :無党派さん:02/10/30 01:49 ID:zI959gle
>>4 確かにミッチーは40日抗争で三福連合に反して中曽根派を除名された
ほど、当時は大平に近かったけど。中曽根ですら党内がまとまらない状況で
それより格下のミッチーを大平が指名するとは思えない。
確か当時のミッチーは厚相、農相くらいしか大臣経験なかったはず。
党務にも全くついてなかったし。

>>6 1996年

8 :無党派さん:02/10/30 01:55 ID:mono73Zm
>>7
サンクス。じゃあ伊東正義じゃないの?
80年の選挙で当選したとしても当選6回、大臣一期で党内序列から
いえばまだまだだけど年齢は66歳だし、農林次官経験者だから総理
大臣になるのが絶対に無理というほどでもない。

ただ伊東は辞退しただろうなあ。やっぱり当選6回じゃ党運営は角栄
に全面依存せざるを得なくなるし。

9 :無党派さん:02/10/30 01:58 ID:LGs/Meap
過去スレ捜したんだけどpart2が見つからなかった。
一応初代スレを貼っておきます。
■■■角福戦争・三角大福■■■
http://kaba.2ch.net/giin/kako/996/996638527.html


10 :無党派さん:02/10/30 02:01 ID:LGs/Meap
>>3
伊東さんかもね。
大平さんの盟友だし、大平亡き後、官房長官から首相臨時代理になり、
そのまま総理総裁って声も当時ないじゃなかったし(本人が辞退したけど)


11 :無党派さん :02/10/30 15:01 ID:Trem825o
伊東正義でしょ

12 :無党派さん:02/10/30 15:24 ID:cA1afsrY
>>3
で、氏ぬ数日前に善幸が新聞で「大平はサミットに
いかない。」つーことを言って大平を激怒させたという
話もあるね。

これは吉田学校や伊藤ブー両方に出てるから
間違いないだろう。

(つまりこのころ角栄の篭絡で善幸はその気になって
たのね、大平の生前に)

13 :無党派さん :02/10/30 21:51 ID:VwWAyez2
中曽根も入れてやれよ

14 :無党派さん:02/10/31 15:17 ID:rVqo+8FS
中曽根は明らかに格下。
三角大福の四人は「三角大福中」と呼ばれるのを嫌った。

世代で言うなら
吉田・鳩山
岸・池田・佐藤
三角大福
中曽根・河本
安竹宮

15 :無党派さん :02/10/31 21:02 ID:Gjzah8fA
しかし、首相として一番成功したのが中曽根という皮肉

16 :無党派さん:02/11/01 02:49 ID:CBjxElOG
>14
中曽根を三角大福と分けて考えるなら、
岸は吉田・鳩山と池田・佐藤の間の世代と考えるべき。

吉田・鳩山
岸・石橋・大野
池田・佐藤・河野
三角大福
中曽根・河本
安竹宮・渡辺・(中川)

でも、実際は議員になったのは中曽根の方が池田・佐藤より早いし、
年齢的にも角栄と対して変わらないからね。
派閥の大きさと外様であることが格下扱いの原因だろうね。

17 :無党派さん:02/11/01 02:53 ID:KGObns/0
「善幸は腹黒い奴だ」と言ったのは病床のウ〜ア〜宰相
「善幸はやはり野に置け蓮華草」と言ったのは刑事被告人のもと宰相

18 :無党派さん:02/11/01 03:07 ID:Xd9qsczS
角栄と中曽根は同じ年の同じ月生まれ
初当選も昭和22年で一緒。
角栄がいかに早く生き急いだか。
いまでも角栄が生きていればとにかく恐ろしい。

佐藤栄作夫人と角栄の会話
角栄「私は人よりなんでも10歳早いんです。10歳早く代議士になり10歳早く大臣になり
10歳上のカミサンをもらいました。」
佐藤夫人「そうすると人より十年早く死んでしまいますわね」
角栄「うーん。そういうことになりますかなあ」

19 :無党派さん:02/11/02 19:17 ID:zKmth4XI
もしかして三角大福中の方が池田、佐藤よりも議員としては先輩なの?

20 :無党派さん:02/11/02 19:24 ID:1B2AH+mo
佐藤は24年総選挙で初当選
その1年前に吉田内閣官房長官を務めてはいるが
池田も同期当選

21 :無党派さん:02/11/02 19:36 ID:1B2AH+mo
そのかわり当選後すぐ大臣だけどね

22 :無党派さん:02/11/02 19:59 ID:HkOVX0EK
三木・・・昭和12年初当選
田中・中曽根・・・22年
福田・大平・・・27年

23 :無党派さん :02/11/05 17:09 ID:VF9CrqU8
みんな総理としてはたいしたことなかったな

24 :無党派さん:02/11/05 22:10 ID:cvp+AUJv
どんぐりの背比べともいえるが、
例えば相撲の栃若時代や輪湖時代のように実力が伯仲したライバルがいると
相殺されて成績が伸びない。.
三角大福もお互い足を引っ張り合って力を出しきれなかった部分もある。
特に福田や大平の時は与野党伯仲時代だったのも不運ではあった。




25 :無党派さん :02/11/06 00:05 ID:XBLVQWnD
>>24
言いたいことはわかるが
列挙した力士は成績伸びてるぞ

26 :24:02/11/06 00:27 ID:XVahF0CL
>>25
確かに立派な成績ではあるよね。
でも、例えば輪島がいなければ北の湖は30回以上優勝できたかもしれない(実際には24回)
三角大福もせめて三角や角福ぐらいの2大ライバル程度ならもう少し実績も上がったかもしれないって事。
つまり言いたかったのは、佐藤栄作や中曽根のような同じ世代のライバルがいなかった首相よりは少し気の毒な面もあるって事です。





27 :無党派さん :02/11/06 01:47 ID:iueowLuZ
>>26
玉の海が死んでやる気なくした北の富士の例もあるから
一概に相撲に例えるのは無理があると思うが。

三角大福に関しては角さんの疑惑・逮捕がデカイと思う。

28 :無党派さん:02/11/08 23:58 ID:TYNH+dPj
前々スレで話題になっていたAA研について少しだけ調べてきました。

【アジア・アフリカ問題研究会】
発足・・・昭和40年1月
初代中心メンバー(発起人)は
松村謙三(顧問)/藤山愛一郎(顧問)
宇都宮徳馬/川崎秀二/久野忠治/松田竹千代/江崎真澄
稲葉修/田川誠一/蔵内修治/藤井勝志/草野一郎平
奥野誠亮/木村剛輔/田中六助/渋谷直蔵/鯨岡兵輔
竹内梁一/田村元/亀岡高天/渡辺栄一

確かにメンバーを見る限りではハト派議員が多いが青嵐会のような準派閥的
性格はなかったように思われる。賀屋興宜、灘尾弘吉らの「アジア問題研究会」
に対抗する形で設立されたらしい。自民最左派の三木武夫系の議員も参加している
が、当時の三木は自民党幹事長で執行部と異なる意見を持つ集団の台頭を
歓迎はしてなかった様子。ちなみに同時期に社会党でも「AA研」が設立されて
いる。設立総会に出席した議員の数はなんと74人で出席せずとも参加を
表明した議員は104人にもなる。当時は思想体系に関係なく誰しもがアジアアフリカ
について考えなければならない風潮があったのかもしれない。
当時の自民党には70人近くを擁する派閥など無かったので新派閥ではなく
純粋な巨大政策研究会が出来たと見るのが自然ではなかろうか。
これらから脱藩、疎遠、落選者が増え、最終的には宇都宮等の
生粋のハト派集団=準派閥的になった模様。

29 :無党派さん:02/11/10 02:51 ID:c78EU2MG
奥野誠亮がおもいっきり浮いてるな。

30 :24:02/11/10 15:59 ID:0mTWQA99
>>28
久野忠治は日朝議員連盟の会長をしてたね。
ちなみにその息子の統一郎は「政治家に向いて入ない」と
前回の選挙で引退してしまった人。

31 :無党派さん:02/11/16 21:54 ID:CfTAPuFD
佐藤が最後の一期をやらずに福田にきちんとつないでたら
そのあと無理せず福田4年、角栄四年、大平4年
と平和に回せていけたと夢想

32 :無党派さん:02/11/17 02:51 ID:vkawHwO8
>>31
角栄が四年も大人しく待っているだろうか?
福田が無学の角栄に禅譲するだろうか?
三木が黙って党内に留まっているだろうか?
日中問題は?
う〜〜〜んん、どうだろう?
ハッキリしているのは大平の寿命がもう少し延びたであろうことだ。

33 :無党派さん:02/11/26 00:37 ID:i3RlE/xw
>>31
当時の経済状況とそれぞれの経済政策を考えると
福田が先で田中が後の方が上手くいったかもしれないね。

ただ、>>32が言うように佐藤の後に福田が4年では日中問題で混乱がありそうだね。
福田自身は中共との正常化に向きを変えられても派内からの反発がすごそうだし、
政権基盤を思いっきり失いかねない。実力はあっても国民人気は無い人だったからな。

34 :無党派さん:02/11/30 14:56 ID:e0hfMFc6
日中問題に積極的だったのは
三木武夫>中曽根康弘>大平正芳=田中角栄>福田赳夫

中曽根の証言によると田中は日中には消極的だったらしい。
日中をやると党内が混乱することは目に見えていたから。

35 :無党派さん:02/11/30 16:30 ID:jO3C9jja
>>34
大勲位は兎も角、
三木武夫>>大平正芳=田中角栄>福田赳夫
はそんな感じだろうね。
三木派内では田川(後に新自ク)なんかが積極的に動いてたし。

36 :無党派さん:02/11/30 17:16 ID:lV2/Eyyg
宮沢って
田中、中曽根と1歳しか違わなかったとは今日まで知らなかった
ちなみに
三角大福中と安竹宮を生まれた順に並べると

福田 明治38年1月14日
三木 明治40年3月17日
大平 明治43年3月12日
田中 大正7年5月4日
中曽根 大正7年5月27日
宮沢 大正8年10月8日
竹下 大正13年2月16日
安倍 大正13年4月29日 



37 :無党派さん:02/11/30 20:18 ID:vp18YskV
>>35
田川は中曽根派。
中曽根派にも旧改進松村謙三人脈があるからな

38 :無党派さん:02/12/01 22:52 ID:kC1TeYRU
>>37
そうだね。田川は
松村派?→河野派→中曽根派→無派閥→新自ク→進歩
だね。
三木派の鯨岡兵輔と仲が良かったし、左派的な考えの人だったから>>35は勘違いしてるんじゃないかな?
が実際・・田川誠一は所属河野派本籍三木派って感じだったからな。
甥の河野洋平も所属中曽根派本籍三木派って言っていいくらいの三木シンパだったし。

39 :無党派さん:02/12/03 23:52 ID:bWzXt7X0
三角大福の影に隠れているが、藤山愛一郎という人物がいたこともお忘れなく。
岸に踊らされて財産も食いつぶしたが、晩年は日中問題にとり組んでいた。
 4人で一番仲がいいのは、やはり三木なのか

40 :無党派さん:02/12/04 00:53 ID:DRORNRfi
藤山は三回総裁選に出馬してるよね。

昭和35年
☆池田勇人 246票(池田派、佐藤派、岸派川島系)
石井光次郎 196票(石井派、河野派、三木・松村派、大野派)
藤山愛一郎 49票(藤山派、岸派福田系)
・当然大角は池田支持、三は党人連合で石井支持、福は反池田の姿勢から藤山支持。

昭和39年
☆池田勇人 242票(池田派、河野派、三木派、川島派)
佐藤栄作 160票(佐藤派、福田派)
藤山愛一郎 72票(藤山派)
・三大は池田三選支持、三はこの後幹事長に就任。角福はもちろん佐藤支持。

昭和41年
☆佐藤栄作 289票(佐藤派、福田派、三木派、川島派、船田派)
藤山愛一郎 89票(藤山派、松村派)
前尾繁三郎 49票(前尾派)
・三角福が佐藤支持、大が前尾支持。これを機に松村謙三らが三木・松村派を離脱。

一見、藤山は順調に票を伸ばしているが党内非主流派、批判票をまとめたに過ぎない。
「財界の坊ちゃん」が領袖の藤山派は「外人部隊」と言われ、他派閥のように
藤山を心底尊敬し総裁に推そうとする議員は皆無だった。藤山の財産にたかる
ヤクザな連中ばっか、その一人が小泉首相の父親純也氏であることは有名な話。

41 :無党派さん:02/12/04 02:34 ID:ANrytuci
雑巾になった「絹のハンカチ」<藤山
江崎真澄も藤山派だった。
この人はその前には広川弘禅派だった事もある。

42 :無党派さん:02/12/04 03:07 ID:cxfeMa1F
>>40
昭和41年は旧河野派割れて、森派が佐藤支持、中曽根派が藤山支持

43 :無党派さん:02/12/04 03:34 ID:DRORNRfi
昭和38年頃の藤山派
椎熊三郎 南条徳男 森田童次郎 小沢佐重喜 藤山愛一郎
小泉純也 遠藤三郎 早稲田柳右エ門 江崎真澄 浦野幸男
永田亮一 星島二郎 砂原格 馬場元治 綾部健太郎
床次徳二 池田清志 加藤精三 田村良平

知ってる名前が数名しかいない・・・。

44 :無党派さん:02/12/04 03:46 ID:NjaLnyCi
知ってる名前知ってる名前…

一郎パパ
洋一郎パパ
純一郎パパ
二階ボス(http://www.nikai-jimusho.com/taenaka10.htm)
紘一パパ

45 :無党派さん:02/12/04 04:12 ID:LhRJb1EW
藤山派は、最後は藤山愛一郎と竹内黎一の二人だけになってしまった。
藤山愛一郎が政界を引退するまで藤山に付いて行った竹内黎一は
立派だと思う。

46 :無党派さん:02/12/04 14:18 ID:fWLFLjC6
愛一郎は水田派合流には付き合わなかったんですか?

47 :無党派さん:02/12/04 14:24 ID:qFYxLMnK
椎熊 副議長かなんかやった
南条 戦前から岸の子分
星島 サンフランシスコ講和会議の全権団の一人
綾部 衆議院議長 作家の菊池寛の学友だった

床次徳二って、床次竹次郎の息子?

48 :無党派さん:02/12/04 16:15 ID:JjbfUua+
徳二はたけじろーの息子です。
江崎真澄は田中角栄派の幹部だった。

49 :1:02/12/04 16:17 ID:V0S/nTfP
【まさかの】ひろゆきブチキレ【降臨】

とうとうキレさせてしまった過疎板の住人達。
あの一言さえなければこんなことにはならなかったのに。。。
目の前で忽然と消えていくスレ達。
一つのスレに集中(むしろ、おいやられていく)住民達。
ひろゆきVS住民
無論、俺は面白半分w

問題の発言
http://choco.2ch.net/test/read.cgi/bobby/1038742045/119

問題のスレ
http://choco.2ch.net/test/read.cgi/bobby/1038742045/

50 :無党派さん:02/12/04 22:58 ID:r2x3/NNy
>>46
藤山愛一郎と竹内黎一だけは水田派に合流しませんでした。

51 :47:02/12/04 23:10 ID:zDJdpKkW
>>48
ありがとう。
江崎真澄は元祖?省エネ・ルックでもありますね。

>>50
江崎も水田派に行ったのですか
(その後田中派?)



52 :無党派さん:02/12/04 23:17 ID:dMmbhrn6
でも、竹内黎一は藤山引退後に田中派に入ったよね。
おかげで中曽根改造内閣で科学技術長官として入閣出来た。

藤山が総裁候補として財産ばらまいて総裁選に挑戦してた時が
絶頂期だったね、藤山派は。
総理の道を諦めて、ひたすら佐藤外交批判と日中国交促進に精を
出し始めてから急速に求心力がなくなった。
佐藤三選に挑戦しようとした時に「いい加減に佐藤批判ばかり止めろ。
いつまで冷や飯を食わされれば気がすむのだ!」って
南条徳男が派の半数を連れて離脱しちゃった。(南条らは福田派に)

53 :無党派さん:02/12/04 23:21 ID:M6Oli1Sc
江崎は水田との合同に積極的に動いた・・。と大下は言ってるが、このおじさんの水田派に関する記述はいつも間違いがあるからな。
でも、いたことは、間違いないでしょ。

藤山は水田グループの中川一郎と中国問題などで話が合わず、机をバンバン叩かれて嫌になったと、ごこかで読んだ覚えが・・。

54 :間違ってたら訂正お願い:02/12/05 01:39 ID:GwF1waCf
中間派閥

旧河野派(中曽根派・森派→園田派)
河野一郎死去後は河野派四天王の中曽根、森、重政、園田の集団体制。
その後、佐藤再選を機に河野の意志をついで佐藤不支持の中曽根派と
佐藤支持の森派(重政・園田)に分裂。形式上、旧河野派から森Gが
離脱した形になっている。森が死去、重政が落選、園田が派を率いたが
先細り、福田派に合流。ちなみに中曽根派が「新政策同好会」、森派が「春秋会」

旧大野派(村上派→水田派・船田派)
大野死後、やはり派内実力者村上と船田が中心に集団指導体制をとろうと
模索するも、相性が合わずに喧嘩別れ。党内最右派でいち早く佐藤に取り入った
船田派はポスト面で厚遇され主流派になった。一方、佐藤三選で前尾を支持した
村上派は冷遇された。村上死後水田が領袖に。

石井派
緒方の意思継承の為、実力者だった石井が領袖になる。しかし、石井自身は
派閥活動に積極的では無くあくまで緒方の義理で活動していた。
他派の半分にも満たないモチ代しか配らず、新人擁立はしないなど石井の行動
のせいで、当然ながら年々離脱者が増え派閥は激減していった。一部に灘尾を
後継にして派閥拡大を狙う勢力もあったが将来性のない派閥に断念せざるを得なった。


55 :無党派さん:02/12/05 02:28 ID:1O0DZKA5
中曽根派は「新政策同志会」
村上派は前尾支持によって徹底的に干され、その後佐藤支持に転換したものの相変わらず冷遇。
そこで、旧大野派を再統合することで状況の打開を図ったんですが、その際、村上派は水田を新しい領袖とすることを提案しました。
村上派はもともと大野の直系の子分が、大野の弟分、客分だった船田を嫌った連中が旧大野派を飛び出してできたものでしたからね。

んで、船田はその提案をけり、水田一派は賛同して水田派に。
したがって、村上勇は死んでません。

56 :55:02/12/05 02:32 ID:1O0DZKA5
眠いから、文章が変になっちゃった。ごみんね。でも意味はわかるでしょ。

57 :無党派さん:02/12/05 14:30 ID:ivyz5Ers
中曽根派は「新政同志会」

58 :無党派さん:02/12/06 00:34 ID:aRg5ME/v
中間派の領袖の中で三角大福にそれぞれ親しかった者

角ー川島正次郎、椎名悦三郎、
  この2人は岸派所属時から福が嫌いだったので反動で角に好意的だった。
 (ちなみに椎名引退後は、山村、綿貫などが田中派に移籍)
福ー船田中、石井光次郎、園田直
  園田を除けば、「台湾派」の大物として岸と共に福の後見人的存在
  (ちなみに園田派にいた森美秀、根本竜太郎は、福田派に合流せず)
大ー水田三喜男、
  水田は池田政権時から大に好意的
三ー村上勇
  本来は水田に派閥を譲った形なのだが、三木政権ができた際に郵政大臣に起用されたため
  (現在森派の衛藤征四郎が参院に当選時、村上は衛藤を連れ三木に挨拶に行っている)


59 :無党派さん:02/12/06 01:10 ID:+nnWXzv8
>>58
中間派といえるかどうか、わからんが。勝手に追加

福―中川一郎、石原慎太郎
 中川派は福田派別働隊とも言われていた。それを引き継いだ石原派(6名)
は福田派に合流。

三―石田博英
 三木初当選(昭和12年)に応援していたのが当時早大生だった石田。
その縁から石田派は三木派に合流。

藤山愛一郎はどうなんだろう?
思想的には三が一番近く、総裁選の時に藤山を支持していたのが中曽根。

森清って確か三の義兄だよね?三との関係はどうだったんだろ?

60 :無党派さん:02/12/06 01:30 ID:zNmcBWoE
森三兄弟と三木夫人は、佐藤栄作とも姻戚関係があったはず。

61 :無党派さん:02/12/07 01:25 ID:IrgPglBs
>>58
村上勇 は水田派ながら挙党協には参加せず、三木に好意的中立でした
  

62 :無党派さん:02/12/07 16:44 ID:JG7Bj/PV
>>60
確か、東京ガスの安西家を通じての姻戚関係

63 :無党派さん:02/12/08 17:10 ID:VrFIglp1
河野謙三VS木内四郎の参院議長選

河野に入れた自民党議員
久次米健太郎、小山邦太郎、河口陽一、高橋雄之助、中村禎二
矢野登、小林国司、初村竜一郎(以上参院三木派)
亀井善彰、剱木亨弘、青木一男、迫水久常、新谷寅三郎
松平勇雄、石原慎太郎(以上桜会)

ちなみに当初河野支持を表明していた細川護煕が
重宗陣営に切り崩された。この頃から肝心な所では腰抜けだったのがわかる。

64 :無党派さん:02/12/08 21:57 ID:q/RYh+KQ
河野謙三の話でもうひとつ
角退陣後の候補者として民社の春日一幸が野党統一候補に動いていた。
しかし、当の河野は「若いところで三木君、クリーンなところで藤山(愛一郎)さんがいいじゃないかといっていたらしい」
謙三と仲いいのはやはり大平か?

65 :無党派さん:02/12/08 23:13 ID:/ACXhPbB
>>64
「若いところで」って三木は67歳で船田と並ぶ当選回数14回の
政界最長老だったはずだが・・・。

66 :無党派さん:02/12/08 23:17 ID:ON6stSDQ
河野謙三VS木内四郎の時は三木派の鍋島直紹も日和ったらしいね。
わざわざ三木事務所に「河野には入れない」と言いにきたと言う話を何かで読んだ

67 :無党派さん:02/12/08 23:21 ID:ON6stSDQ
>>65
河野より若いって事じゃない(笑)
(河野明治34年生まれ、三木40年生まれ)

68 :無党派さん:02/12/08 23:36 ID:/ACXhPbB
>>66
三木派の初村竜一郎の証言によると、三木本人が参院三木派の
古参格である鍋島直紹、伊藤五郎、温水三郎の三人には木内支持を指示したらしい。
古株で力のある議員を木内支持にして参院自民主流にその影響力を留め、
河野に投票した他の三木派を擁護させることが意図だったらしい。

ただ三木派議員の証言なので親分の為に話を美化する可能性はあるので
真相はわからんが・・・。


69 :無党派さん:02/12/14 17:17 ID:Vp06kO2H
大平派の中のいわゆる「前尾グループ」のメンバーを教えてくれ。
俺が知っているのは、黒金泰美と小山長規ぐらい

70 :無党派さん:02/12/14 18:45 ID:qTR0Hu8q
>>69 確か宮沢喜一もどちらかと言えば前尾支持じゃなかったっけ?

前尾と言えば椎名裁定の時に前尾暫定政権構想があったらしい。
もともと田中、椎名の意向は実力者政権ではなく長老暫定政権だった。
椎名政権が大平の「行司がまわし」発言でオジャンした後、
残ったのは灘尾、保利、前尾。灘尾も保利も首を立てに曲げず、
椎名は乗り気ではなかったが前尾に打診したところ、前尾も固辞。
当時の前尾は病魔に侵されていたらしい。

で、結局三木に政権が転がった訳だが、
実は椎名裁定には2ラウンド目があって、もし大福が三木総裁を蹴った場合、
今度は三木が裁定役になって椎名を推薦することになっていたらしい。
当時の状況では公選=党分裂だったので話し合い選出しかなく、
一度椎名に推薦された政界長老の三木裁定なら誰も反発できないって話。

71 :無党派さん:02/12/14 23:35 ID:U1kinu/1
小平久雄、福永健司、小坂善太郎あたりも前尾支持じゃない?
前尾支持ってか、後輩の大平に抜かれたくないのでアンチ大平って感じか。


72 :無党派さん:02/12/15 23:06 ID:gpm/qPqV
福田財政を批判して総裁選に出馬した前尾ではあるが、「囲碁」の相手として2人は親しかったらしい

73 :無党派さん:02/12/16 19:07 ID:UEnN4pCa
池田勇人の元秘書、伊藤昌哉が心不全で亡くなったらしい。

74 :無党派さん:02/12/16 19:59 ID:QgcGB3t/
逝け駄内閣の生き証人は宮澤だけになりましたな


75 :無党派さん:02/12/16 20:45 ID:q+PjhqG9
↓伊藤ブーちゃん訃報

http://kumanichi.com/news/kyodo/obituary/200212/20021216000207.htm

76 :無党派さん:02/12/17 13:38 ID:PGwcshZQ
前尾と福田って高校の同窓じゃなかったっけ?

77 :無党派:02/12/17 13:44 ID:aUaBp61n
伊藤昌哉さんがお亡くなりになりましたね。

78 :無党派さん:02/12/17 18:35 ID:IiSq/Hhx
>>76
大学も一緒でしょ
大蔵入省も一緒で、面接試験の時に福田が、
「大蔵4局の事を必ず質問されるから覚えておいた方がいい」
とわざわざ教えてくれたのに前尾は上の空で聞いてたので
実際の面接では半分しか答えられなかったらしい

79 :無党派さん:02/12/19 01:56 ID:R1q4ij1C
>>70
>確か宮沢喜一もどちらかと言えば前尾支持じゃなかったっけ?

どちらかと言えばなどというものではありませんでした。
宮沢喜一は前尾支持・反大平の急先鋒でした。
大平系のクーデターが成功したあと、宮沢は、
「私は宏池会には所属しているが大平派ではない」と公然と言っていました。

80 :無党派さん:02/12/19 23:03 ID:pJWt03Bh
大平派となった後、前尾はなぜ離脱しなかったのか?
やはり、勇気がなかったからか

81 :無党派さん:02/12/19 23:13 ID:6Pj/vz0f
当時で、前尾支持7割、大平3割と、宏池会関係者の言にありました。
大平派の突き上げが激しく、連中が出て行きそうなので前尾が譲ったというのが真相のようですよ。


82 :無党派さん:02/12/20 18:45 ID:zR7HFjP0
誘導あげ

83 :無党派さん:02/12/20 22:12 ID:NtCL0KUD
この前、宮崎・都城で瀬戸山三男の銅像を発見。
書を見たら、やっぱり福田赳夫だった。

84 :無党派さん:02/12/20 22:42 ID:A1+UFIjB
福田は福田でも福田一も達筆だった。教習所の教室に大きな至誠通天の文字。
公安委員長だったときに来たらしい。船田派解散のあとは無派閥で通した。
衆議院議長まで務めた。

85 :無党派さん:02/12/21 11:13 ID:Y7Uw4cYD
>>84
衆院議長は、中間派それも大野派出身者が多いね。
ちなみに保守合同前に伴ちゃんもなっているし、あのハラケンもなっている
船田にいたっては2度経験しているし。
 議長にはなれなかったが、大野派から福田派に移った倉石忠雄も何度か候補に上がっていた

86 :無党派さん:02/12/21 12:33 ID:nVngksVz
>>85
田村元もそうだね。
大野・村上派から田中派を経て竹下派時代に議長。
あれは棚上げされたってかんじだったが。

自民党が正副議長独占してた頃は園田直や荒船清十郎あたりも副議長をやってる。
やっぱ中間派の古参のポストだったのかな

87 :無党派さん:02/12/21 13:50 ID:ARqAPSRI
大野伴睦と船田中は政友会の同期当選なんだよね。
ついでに言えば林譲治や犬養健も同期。
戦後、船田は協同党つくったが公職追放、復帰後大野派、
林は吉田茂の又従兄弟だった関係で吉田側近になり、
のち大野、益谷秀次と並んで吉田の「御三家」。
犬養は大野とずっと仲が悪かったが、犬養が指揮権発動で失脚して
不遇になった後、大野派の客分。
岸内閣時代、大野や河野一郎が犬養に復権の機会を与えようと
岸に入閣を働きかけたが、佐藤栄作が猛反対して実現しなかったので.
大野は「指揮権発動で助けてもらったくせ恩知らずな奴だ」と激怒し、
ますます佐藤嫌いになった。

88 :無党派さん:02/12/22 03:31 ID:mLTDAYf4
今は絶版だけど、戸川猪佐武の小説に犬養建が副主人公の「党人の群れ」ってのがあったなあ。
若き伴睦もバンバン出てくる。戦後はばたばたっと終わっちゃうから、ここのスレの人には面白くないかもしんないけど。

89 :無党派さん:02/12/22 03:33 ID:mLTDAYf4
あ、んでも犬養は民主党総裁として、民主党、自由党合同の際、吉田後継を狙いうる地位にあったが、伴睦の反対でパーになったとことかは結構書いてあったか。

90 :無党派さん:02/12/22 06:08 ID:rHQ57UyO
>>88
あ、それ読んだよ.
それで犬養健に少し興味持ったので、犬養が小説家時代に書いた短編小説を
わざわざ図書館で探して読んだ事もある。全然面白くなかったけどね(笑)

91 :無党派さん:02/12/23 17:24 ID:wzg6OHk+
>>79
反大平の急先鋒だった宮澤を、自分の後継に据えようとした鈴木善幸だが、
鈴木って大平系の人間じゃないのか?
本来なら、宮澤じゃなくて田中六助を担ぐべきではなかったのか

92 :無党派さん:02/12/23 19:39 ID:9GiZUu7f
>>91
宮沢は善幸の親戚だから。

93 :無党派さん:02/12/24 16:16 ID:2aUxqmFr
>>91
善幸は、大平とも関係が悪くないが、宮沢にも近い。
中曽根内閣時代、二階堂擁立に動いたのは、
そこで宮沢幹事長を実現させ、
二階堂内閣の後に、宮沢内閣を作るため。

それに対し、六助とはやや関係は悪く、
中曽根が、派閥の領袖である自分に相談なく、
六助を一本釣りのような形で重用するのを不愉快に思っていた。

また、善幸は、中曽根に「私が総理になった時、日本は国際的孤立寸前だった」
などと、自分の外交が論外であるかのように言われていたので、
中曽根とは犬猿の仲。
それに対し、福田や二階堂とは、良好な関係を保っていた。

角福戦争があったのに、福田と二階堂の関係が良好なのは不思議だ。

94 :無党派さん:02/12/24 20:52 ID:uIDbG2PD
>>93
福田と二階堂は一時は疎遠だったと思う.
善幸政権時代に二階堂が幹事長になってから改善されたのでは。
最初はむしろ金丸が保利茂を介して福田と近かった。
中曽根を通じて世代交代をはかるようになって、疎遠になってしまったが。
そういえば三木おろしの挙党協だった善幸、二階堂が
二階堂擁立からは三木とも手を組んでたね。「敵の敵は味方」という事で。

95 :無党派さん:02/12/24 23:29 ID:BeDBIkMy
実は二階堂擁立劇に三木は加担してないんだよね。
福田や鈴木らは三木を誘ったんだけど、三木はそっけない態度だったらしい。
容認はするけど自ら積極的に動こうとはしなかった。

96 :無党派さん:02/12/25 00:21 ID:RGdOPWRn
>>95
二階堂の回想録を読んでも、福田や善幸に比べると、
三木とは遠い感じだった。
落選中に国民協同党を離れる際、三木に全く慰留されなかった話や、
「三木おろし」の中、田中派切り崩しのため、
二階堂を味方に取り込もうとした三木を歯牙にもかけなかった話とか、
そんなのばかり載っていた。

ちなみに、三木と二階堂は、アメリカ留学中に出会って、
一緒の組織で日本語の教師を務めたことがあるそうだ。

30 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)